オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ハイエンドショウ2009レポート

オンキヨー、話題の「ND-S1」をデモ/DUSSUNのデュアルモノプリアンプなどもお目見え

Phile-web編集部
2009年10月10日
このページでは、Hルームにブースを構えたオンキヨー、オーディオリファレンスインク、Eau Rouge、六本木工学研究所の展示内容をご紹介する。

■オンキヨー

オンキヨーは、デジタルからアナログまで、多彩なソースを鳴らす展示とデモを行っている。

オンキヨーブースのデモの様子

ND-S1やCDなど様々なソースを聴き比べられる

注目したいのはデジタルメディアトランスポート「ND-S1」。同社担当者が「おかげさまで非常に売れ行きが好調で、供給が間に合わないほど」という本機の実力を同社ブースで体験できる。また同社が販売するオーディオPCやSACDプレーヤー「C-S5VL」、アナログプレーヤーも置かれ、光ディスク/アナログレコード/ファイルミュージックを一気に体験できる趣向となっている。

D-412EXに搭載されたネットワーク

D-412EX

デモのアンプには「A-5VL」を、スピーカーには「D-412EX」「D-TK10」を使用。A-5VLの内部が見られるトップオフモデルや、D-412EXに搭載されたネットワークなども展示されており、来場者の注目を集めていた。

D-TK10もデモに使用している

A-5VLのトップオフモデルも展示

■オーディオリファレンス

オーディオリファレンスは、同社取り扱いのHANSS ACOUSTICS、DUSSUN、AUDIA、ONIXなどの製品を展示。デモではHANSS ACOOUSTICSのターンテーブル「T-60」(1,029,000円)、DUSSUNのデュアルモノプリアンプ「R-10」(予価682,500円)、AUDIAのパワーアンプ「Flight 100」(1,050,000円)などを使用していた。ONIXのCDプレーヤー「CD-10」(108,000円)とプリメインアンプ「A-55」(118,000円)、スピーカーに「BRAVO」(128,000円)を組み合わせたコンパクトなシステムも展示していた。

DUSSUNのデュアルモノプリアンプ「R-10」


AUDIAのパワーアンプ「Flight 100」

ONIXの比較的コンパクトなシステムも出展

■Eau Rouge

Eau Rougeは、カーボンファイバーを使用した電源関連機器やインシュレーター、スパイクなどを一斉に展示。軽さと剛性を両立させたカーボンファイバーを採用することで、FレンジやDレンジ、S/Nを向上させる事ができるとアピールしていた。

Eau Rougeブース

カーボンファイバーを使用したアクセサリーを大量に展示

■六本木工学研究所

六本木工学研究所は、オリジナルスピーカー「RIT-HE15MEX」、スピーカーキット「KIT-PS521CSBJ」などをデモに使用。そのほかにも、同社が販売しているオリジナルスピーカー、スピーカーキットなどが展示されている。

右がオリジナルスピーカー「RIT-HE15MEX」、左がスピーカーキット「KIT-PS521CSBJ」

同社のオリジナルスピーカー/スピーカーキットを紹介している

関連記事