オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ハイエンドショウTOKYO2009スプリング 音元出版ブースイベント

小林貢氏の講演テーマは「CDの音質はこんなに素晴らしい」「CDプレーヤーの選び方」

季刊・オーディオアクセサリー編集部
2009年05月21日
「ハイエンドショウTOKYO2009スプリング」が5月22日(金)から24日(日)までの3日間、有楽町の東京交通会館にて開催される。会場12階ダイヤモンドホール「Bルーム」の音元出版ブースでは、昨年に引き続き、音元出版主催の特別連続イベントが行われる。

小林 貢氏

24日(日)の午前10時30分〜11時30分までは小林貢氏による講演「話題のCDプレーヤー聴き比べ」を開催。自らもウッディクリーク・レーベルを主宰する同氏がCDの音質の素晴らしさや、最新CDプレーヤーの比較試聴を実施する。

なお、同イベントはいずれも5月21日発売『オーディオアクセサリー133号』の記事にて紹介された総力特集「決定版!高音質CDを楽しむためのCDプレーヤー・スクランブル」の実演版となっているので、あわせて最新号もご参照いただきたい。

5月21日発売『オーディオアクセサリー133号』(定価1300円)


●主な予定内容
(1)CDプレーヤーの選び方(比較試聴モデル)
・真空管とのハイブリッド:トライオード「TRV-CD4SE」(¥126,000)
・海外製のスマートモデル:ATOLL「CD100」(¥178,500)
・国産の本格モデル:LUXMAN「D-06」(¥525,000)

(2)CDの音質はこんなに素晴らしい(高音質盤の試聴)
赤坂工芸音研の高音質盤、SHM-CDの古いジャズ、キャノンボール・アダレイのモービル盤とブルーノート盤の比較、アナログマスターからCD-Rにコピーを録った盤、ウッディクリークレーベルの最新盤 ほか

関連記事