オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

<TIAS2007:DYNAUDIO>30周年記念スピーカー「Sapphire」がついに日本上陸

2007年10月05日
DYNAUDIO JAPANのブースでは、話題の30周年記念モデル「Sapphire」のデモを堪能できる。


ブースにはSapphireが2セット用意された

Sapphire

ユニット部
Sapphire(関連ニュース)は、1,000ペア限定で発売される、DYNAUDIOブランド創設30周年を記念したハイエンド・スピーカーシステム。欧州では10月末から販売が開始される予定で、日本国内では11月下旬に発売予定。価格はペアで2,205,000円(税込)だ。

Sapphireは、20cmのウーファー2本と、ミッドレンジドライバー、トゥイーターを搭載した4ウェイ構成。12面体カットされたキャビネットが大きな特徴だ。

デモに使用されているスピーカーは、先週末に到着したばかりとのことで、「パネル展示だけになるのも覚悟していた」(ブース説明員)という。大きな展示会に出展するのは今回が初めてということもあり、多くの来場者がブースに足を運んでいた。なお、国内ではすでに17の販売店が取り扱いを決めており、ユーザーからの注文もすでに数件あるという。


背面にバスレフポートを配置

カラーは4色を用意する

MC15
同じく話題のデスクトップスピーカー「MC15」(製品データベース)も出展された。秋に発売とアナウンスされていた本機だが、ようやく100V仕様のモデルが完成し、11月下旬より国内販売が始まるという。

なお本機は、AV機器のレンタルサービス「レンタルカメラショップ」で貸し出しを行っており、購入前に試用することも可能となっている。


Audience 42 SAT

MIRAD「A2000」
また新製品としては、壁掛けにも対応したブックシェルフスピーカー「AUDIENCE 42 SAT」も出品。同社が取り扱うMIRADブランドの真空管プリメインアンプ「A2000」もSapphireとともに試聴デモを行っている。

(Phile-web編集部)

関連記事