オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

ビクターxrcd24の新譜2作品が発売

2003年06月11日
●日本ビクター(株)マスタリングセンターは6月25日より、世界初の24bitマスターによるダイレクトカッティングであるxrcd24の第2弾新譜2作品が発売される。
 1958年、ニューヨーク・カーネギーホールにて収録された『チャイコフスキー/ピアノ協奏曲第1番』(JM-XR24004)は世界中でミリオンセラーとなったクライバーン青春の記念碑的作品であり、RCA3チャンネル・アナログ・テープからのもの。
 また、1955年にボストン・シンフォニーホールで収録された『ベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲』(JM-XR24003)は切れ味鋭く曲の核心に迫るヤッシャ・ハイフェッツの演奏で、RCAの2チャンネル・アナログ・テープからの24ビット・リマスタリングとなっている。
 オリジナルマスターを忠実に再現させたこの2作品をお楽しみいただきたい。(季刊・オーディオアクセサリー編集部)
 
『チャイコフスキー/ピアノ協奏曲第1番』(JM-XR24004)
ヴァン・クライバーン(ピアノ)
キリル・コンドラシン指揮/交響楽団
録音:1958年ニューヨーク・カーネギーホール
定価:\3,465(税込み)

『ベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲』(JM-XR24003)
ヤッシャ・ハイフェッツ(ヴァイオリン)
シャルル・ミンシュ指揮/ボストン交響楽団
録音:1955年ボストン・シンフォニーホール
定価:\3,465(税込み)


関連記事