「価格を抑えながら最高の音楽を提供」

AUDEL、積層バーチ材によるリブ構造をさらに進化させたブックシェルフスピーカー「U-Basik 5/8」

2022/06/21 ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
アイレックス(株)が取り扱うイタリアAUDELより、2ウェイブックシェルフ型スピーカー「U-Basik 5/8」が発売となる。価格は429,000円(ペア/税込)。

AUDEL「U-Basik 5/8」

「U-Basik 5/8」は、資材高騰が止まらない昨今、「価格を抑えながら最高の音楽を提供する」ために開発されたというスピーカー。5/8という数字は、5インチドライバー・8リットルエンクロージャーを意味しているという。

AUDEL独自の積層バーチ材とアクリル素材FELIXをサンドイッチしたキャビネットを採用。特許技術である内部のリブ構造「IRS」(Internal Rib System)をさらに進化させた「IRS EVO」を用い、積層バーチ材を2分割し、接合面にFELIXが挟み込まれた構造とした。この構造により、不要な共振や振動を低減し、キャビネット内の定在波の発生を抑えるとしている。

積層バーチ材を2分割し、間にアクリル素材FELIXを挟み込む構造

ウーファーはSB Acoustic製の5インチウーファーで、グラスファイバーボイスコイルを採用。トゥイーターも同じくSB Acoustic製の29mmソフトドーム型となっている。フロントパネルは厚さ30mmのバーチ複合材を使用。仕上げにはイタリアの木工職人の技で、何層にも蜜蝋ワックスがかけられている。

サイズは220W×350H×210Dmm、質量は7.5kg/1本。周波数特性は47Hz - 25kHz、クロスオーバーポイントは2.5kHz。音圧レベルは88.5dB、インピーダンスは4Ωとなっている。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE