HOME > ニュース > Anker、カメラやライトなど“リモートワークに必須”な4種機能を搭載したビデオバー 「AnkerWork B600 Video Bar」

サブブランド「AnkerWork」の第1弾製品

Anker、カメラやライトなど“リモートワークに必須”な4種機能を搭載したビデオバー 「AnkerWork B600 Video Bar」

2022/06/21 編集部:伴 修二郎
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
アンカー・ジャパンは、同社Ankerの新サブブランド「AnkerWork」の第1弾製品として、ウェブカメラやライトなど4種機能を1台に搭載した4-in-1ビデオバー「AnkerWork B600 Video Bar」を6月21日より発売する。価格は29,990円(税込)。なお、Amazonでは先着80台限定で、Amazonポイントが10%還元される初回セールも実施される。

「AnkerWork B600 Video Bar」

「AnkerWork」は、「オフィスでも自宅でも、その人らしく活躍できるベストな仕事環境のサポート」をコンセプトに、会議用スピーカーやウェブカメラなどデスク周りを整える製品を展開する、Ankerブランドのサブブランド。その第1弾製品として、リモートワーク時に必須なウェブカメラ、ライト、マイク、スピーカーの4つの機能を1台に搭載する“4-in1 ビデオバー”が登場する。

同ブランド製ウェブカメラでは初となるライトを搭載し、表情など細部までを明瞭に照らすことができる上、2Kの高解像度撮影によって、通話相手に鮮明な映像を届けるという。ライトの明るさを自動調整する「MagicSightテクノロジー」も採用しており、夜間でも鮮明な映像で通話可能としている。

同社製ウェブカメラでは初となるライトも搭載

また、AnkerWorkソフトウェアをPCにダウンロードすれば、カメラの向きを変えずに被写体を中心に捉えるよう水平・垂直方向にレンズの向きを調整して、自動追尾および自動画角調整を行う「セルフレーム」機能の設定が可能。ほか、ライトの色温度調整など、好みに合わせて幅広くカスタマイズも行える。

通話面では、環境雑音を低減する「ノイズリダクション機能」や、音声の入力ボリュームを自動調整する「オートゲインコントロール機能」を搭載。さらには4つの高感度マイクの搭載によって、通話相手に聞き取りやすい音声を届けると説明する。また、2Wの高精細スピーカーを2基搭載することで、クリアな音声再生も可能とのこと。

操作面では、本体側面のミュートボタンをタッチすることで、ミュートおよびライトのオン/オフ設定が可能。また、本体前面のタッチバーをスライドすることでライトの明るさも調整も可能で、会議中でも素早く直感的操作が行えるという。

外形寸法は約180×46×38mm、質量は約462g。接続用にUSB-C端子を備える。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE