トップエンド「エクストラヴァガンス」シリーズ

ZR SPEAKER LAB、カーオーディオ用20cm径ミッドベーススピーカー「ZR DREAM-1」

2022/02/16 ファイルウェブ編集部・筑井真奈
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
イース・コーポレーションは、同社が取り扱うスロベニアのスピーカーブランドZR SPEAKER LABより、20cm径のカーオーディオ用ミッドベーススピーカー「ZR DREAM-1」を3月に発売する。受注生産品で価格は858,000円(ペア/税込)。

「ZR DREAM-1」

ZR SPEAKER LABは、創設者Zvone Raspor(ズヴォーネ・ラスポー)氏によって1983年に設立されたブランド。ズヴォーネ氏の長年に渡るスピーカーの修理やカスタムサービスの経験や、彼自身の長年のバンド経験で培った深い知識と経験が生かされているという。創業当時からハンドクラフトのこだわりが貫かれている。

ZR SPEAKER LABのラインナップは、上位から「エクストラヴァガンス」「プレステージ」「エントリー」の3シリーズで構成されており、「ZR DREAM-1」はエクストラヴァガンスシリーズのミッドベースとなる。

「ZR DREAM-1」の背面

バスケットは、24Kメッキ加工した計12本の真鍮製シャフトを用いて、独自素材のスタビリットとアルミニウムフレームを接合している。振動板は大径センターキャップを備えたケブラーファイバーを採用。磁気回路には35mm径ボイスコイルと8個もネオジムマグネットを搭載する。

同シリーズのトゥイーター「ZR SATURN」、ミッドレンジの「ZR F-1」等と組み合わせた2ウェイ/3ウェイのほか、ミッドベースの「ZR N°1」と組み合わせた4ウェイシステムを構築する際のサブウーファーとしても利用できる。サブウーファーとして使用する場合は、1発あたり22〜35Lのバスレフボックスまたは11〜15Lのシールドボックスに適合する。

特製のウッドボックスに収められる

定格入力は100W、公称インピーダンスは4Ω、周波数特性は30Hz〜4kHz。外形サイズはφ225mm、取り付け穴寸法は196mm、取り付け深さは96mmとなっている。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE