USBデジタル出力を強化

カーオーディオ用DAP「DAP300APEX Titanium」発売。エンジン連動モードなど搭載

  • Twitter
  • FaceBook
ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
2021年10月11日
大阪府堺市にあるカーオーディオショップAV Kansaiは、カーオーディオ用のポータブルDAP「DAP300APEX Titanium」を発売する。iBasso AudioのDAP「DX300MAX」をカーオーディオ向けにチューニングしたもので、限定数は200、予価30万円(税別)。12月初旬に予約を開始する。

「DAP300APEX Titanium」

車載向けへの変更点として、USBデジタル出力の品質の向上が挙げられる。ハイエンドカーオーディオやコンテストでは、トランスポートとしてDAPを活用することが多いため、USB回路周りに徹底したノイズ対策を実施。さらに筐体にチタンを採用し音質を強化している。またDACチップはESS社製品へと変更されたほか、操作ボタンもシルバーに変更されている。

「DAP300APEX Titanium」の裏面とUSB側出力側端子

また、カーオーディオ再生時における利便性を向上するために、「カーオーディオエンジン連動モード」と「カーオーディオ自動再生モード」を搭載。車のエンジンのON/OFFに本製品の電源が連動、また音楽の自動再生にも対応する。

「DAP300APEX Titanium」のヘッドホン側端子

販売は当面のところAV Kansai 天王寺店または、愛知県のカーオーディオショップLEROY(ルロワ)のみでの展開。両店の電話または下記問い合わせフォームで予約申し込みや問い合わせを受け付ける。

【問い合わせ先】
AV Kansai 天王寺店 TEL.06-6777-7078
LEROY TEL.0564-73-9777
問い合わせフォーム https://www.avkansai.co.jp/cardap/Contact.cshtml

関連記事