トリプルハイブリッド導体を採用

オーディオテクニカ、車載用ケーブル「Rexat」シリーズにUSB-Cモデルを追加

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:押野 由宇
2021年04月15日
オーディオテクニカは、車載ケーブル「Rexat(レグザット)」シリーズの新たなラインナップとして、トリプルハイブリッドUSBケーブル「AT-RX97CB」「AT-RX97CN」「AT-RX97CA」を、4月23日より発売する。価格は1.3mで30,800円(税込)、2.0mで36,300円(税込)、3.0mで44,000円(税込)。

「AT-RX97CA」

USB Type-Cポート搭載の音楽再生機器と車内システムをつなぐための車載ケーブル。電源ラインにはPC-Triple C+6N-OFC+OFCのトリプルハイブリッド導体を、信号ラインにはPC-Triple C+6N-OFCのハイブリッド導体を採用している。

「AT-RX97CB」

制振材「ハイブラー」とハネナイトスタビライザーを組み合わせた「ハイブリッドインシュレーションシステム」を搭載し、不要振動を抑制することで、よりクリアな音源再生を実現するとしている。さらにケーブルには銅テープ+OFC編組シールドの2重シールドを施している。

「AT-RX97CN」

最大90℃までの耐熱仕様。コネクタには金メッキを採用し、耐久性を向上。種類はAT-RX97CBがUSB Type-C⇔USB Type-B、AT-RX97CNがUSB Type-C⇔USB miniB、AT-RX97CAがUSB Type-C⇔USB Type-Aとなる。

関連記事