同社オリジナル高音質RCA端子を装備

BriseAudio、独自開発の線材や端子を使用したRCAケーブル「YATONO-RCA」

2021/12/22 編集部:松永達矢
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
BriseAudioは、独自開発の線材や端子を使用したオーディオケーブル「YATONO-RCA」を本日12月22日より発売する。ラインナップおよび税込実売予想価格は以下の通り。

「YATONO-RCA」

・1.0m(ペア):165,000円
・1.5m(ペア):187,000円
・2.0m(ペア):209,000円
・3.0m(ペア):253,000円

導体に特別な高純度単結晶銅を採用するオリジナル線材を用いたRCAケーブル。音響特性の向上を図るため、鋼の20倍の強度、銅の10倍の熱伝導性、アルミの半分の密度、優れた遮蔽能力などの物理特性を備えるという特殊CNT素材や、高周波帯域に非常に高い効果を持つとする7層構造の特殊電磁波吸収シールド材、他素材の音質的なポジティブ効果を飛躍させつつ、音質上悪影響が極めて少ないとするBSシートを採用している。

プラグはセンターピンの素材やシェルにもこだわって開発したという同社オリジナル高音質RCA端子を装備。ケーブル接続部は余裕のあるはんだ付け構造により、接続安定性の確保と伝送損失の低減を両立。また、24金メッキを施すことで、接続端子との親和性と長期に渡る接点の経年劣化を防止しているとのこと。

センターピンの素材やシェルにもこだわって開発したという同社オリジナル高音質RCA端子を装備

プラグ外周は、高い安全性と確実なトルクによる締結で振動を抑制するコレットチャック式を採用するほか、低静電容量で電磁振動の吸収にも効果があるテフロンを絶縁材として使用している。エージング期間は150〜200時間を想定しているという。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク