巻頭インタビューはジャズピアニストの大西順子さん

『季刊analog vol.73』は10月1日発売、特集は「真空管アンプ」と「ジャズピアノ」

2021/09/30 季刊analog編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
「アナログ」をキーワードに、アナログオーディオと人と物にまつわる物語を紹介する、国内唯一のアナログ専門誌『季刊analog』の最新号が、明日10月1日、全国の書店およびオンライン書店、小社の販売サイトPHILEWEB.SHOPにて一斉発売となる。

analog73号、10月1日発売!1,680円(税込)

今回の二大特集は、秋の夜長にぴったりな「真空管アンプの魅力〜アンプビルダーの“球”へのこだわり」、そして「私の好きなジャズピアノ」。真空管の基礎から、各ブランドの思想と代表モデルの音を解説。ジャズピアノの特集では、オーディオ評論家やミュージシャンのフェイバリットアルバムを挙げていただいた。

特集・真空管アンプの魅力〜アンプビルダーの“球”へのこだわり。真空管の基礎から、各ブランドの思想と代表モデルの音に触れた

特集・私の好きなジャズピアノ。ミュージシャンほか、さまざまな人のマイ・フェイヴァリッツを挙げていただいた

巻頭インタビューでは、いま輝きを増しているジャズピアニストの大西順子さん、ジャズ・オーケストラのプロデュースなど、新たなチャレンジへの挑戦を存分に語っている。

ジャズピアニスト・大西順子氏インタビュー

レコード悦楽人スペシャルとして、新宿BAR rpmのバーテンダー小泉達矢氏が登場

好評連載「日本のオーディオ」では、電子回路の技術者で、高品質オーディオパーツの製造&真空管アンプ輸入販売でオーディオ界をリードするアムトランスの草薙正朗さんが登場する。

「日本のオーディオ」ではアムトランス草薙正朗氏にインタビュー

そのほか、オーロラサウンド唐木志延夫氏による個人的なオールド・アームのレストア記や、相原直樹氏による人気連載「チコンキ再生奮闘記」など、充実した内容となっている。

次ページanalog vol.73 コンテンツ一覧

1 2 次へ

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE