オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
アナログセッティング個別相談会(予約制)も5月1日から実施

KRYNA、アナログプレーヤーをダブルアーム化できる「KRYNA Mount System」。ショートアームにも対応

  • Twitter
  • FaceBook
季刊アナログ編集部
2021年04月27日
KRYNA(株)では、アナログプレーヤーにロングタイプのトーンアームを外づけして、ダブルアーム化できるアクセサリー「KRYNA Long Arm Mount System」を、2月をもって一旦生産終了。このほど新たに、ロングアームに加えてショートアームにも対応した後継モデル「KRYNA Mount System」を開発し、5月19日(水)より発売する。

KRYNAの「KRYNA Mount System」。JELCO用、SME用、ortofon用の3モデルともに、88,000円、税込

トーンアームを別置きにすることで、愛用中のアナログプレーヤーに手を加えず気軽にダブルアームを楽しめて、トーンアームの振動対策も同時に実現できるという製品。

ダブルアーム化は、即座に異なるカートリッジの音を切り替えて楽しめるなどアナログの楽しみが何倍にも広がるが、アームの取りつけやセッティングが難しく、従来はハードルが高かった。

「KRYNA Mount System」を使用した例

「KRYNA Mount System」は愛用のプレーヤーを90°回転させて専用ボードに載せ、マウントベースの位置を調整して専用ボードに固定、マウントベースにアームを取り付けて所定の調整をすればダブルアーム化を簡単に実現できるもの。今回の新製品では、JELCO用、SME用、ortofon用の3モデルが揃えられ、ショートアームにも対応可能となり、使えるアームやプレーヤーの組み合わせを飛躍的に増加させている。

この新製品の発売に合わせて、KRYNAでは5月1日(土)からアナログセッティング個別相談会(予約制)も実施する。「KRYNA Mount System」を使った新しいアナログの鳴らし方の実演のほか、いろいろなアナログの調整やセットアップ、聴いてみたいことや気になることをガイドするというもので、アームやカートリッジの持ち込みも大歓迎とのこと。なお、予約必須の申し込み制となっている。

【アナログセッティング個別相談会(予約制)】
●アナログセッティングに関することなら何でもご相談
・マウントシステムはどう使う? 使い方実演
・アナログ調整ツール「SMARTractor」でのアームセッティング実演
・ロング vs ショート、憧れのロングアームを聴いてみよう
・モノラル vs ステレオ、カートリッジの聴き比べが簡単に
・純正 vs 社外品、複数のアームで鳴らしてみたい
・アームの振動対策で音が良くなる?! 別置きの効果を実証
・自分のアームは使えるか? アーム持ち込みでのフィッティング
・リード線で音は変わる?? Shelca1比較試聴
・SPUをロングアームで聴く
・水平な場所に置いてますか? 簡単に水平を出す方法をご紹介
・KRYNAアームコードの聴き比べ
などなど
●使用トーンアーム
JELCO:TK-950S/L、TK-850S/L、TS-550S/L
SME:3010R
ortfon:RSG-309、RS-309D、AS-309S
SAEC:WE-308SX
●使用プレーヤー Technics SL-1200
●日時 2021年5月1日(土)〜9日(日) 11:00〜 / 14:00〜
※要予約(密を避けるため各回1組ずつのご案内)
※上記日程以外を希望の場合はご相談
●場所 KRYNA試聴室 東京都町田市金森東4-2-38
●予約方法 下記専用フォームまたは電話にて
(電話0120-924-442、受付時間10:00〜12:30 / 13:30〜17:00、水・木曜定休)

関連記事