オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
漆仕上げ

KRYNA、最上位オーディオボード「Palette-Cu」。シールド効果や共振モードを改善

季刊オーディオアクセサリー編集部
2019年10月29日
KRYNA(株)は、同社オーディオボードの最高峰モデル「Palette-Cu」を10月29日より発売開始した。価格は100,000円(税抜)。

オーディオボードの最高峰モデル「Palette-Cu」(型式名はPL-TB-Cu)

KRYNAのオーディオボードにはベースモデルの「PaletteBoard」(70,000円、税別)があり、2層構造のボードの内部にインシュレーターをダイアモンドフォーメーションに配置させた特殊構造で、国内外の専門誌でアワードを受賞している(構造詳細はこちらを参照)。

今回発売の上位モデル「Palette-Cu」は、「PaletteBoard」ボードの内部にに2mm厚の銅板を惜しみなく使用し、ベースモデルを凌ぐ効果を実現したとのこと。それによって、「安定した重量配分(ピラミッドバランス)の実現」「異種素材の貼り合わせによる共振モードのコントロール」「銅のシールド効果で磁界による悪影響を遮断」の3つの特徴を実現させたという。

これらの特徴は「PaletteBoard」のコンセプト、“3次元を蘇らせる”「ホログラフィックサウンド」の再現を際立たせるものとなり、音色や質感に色づけすることなく不要振動を処理し、機器本来の能力を引き出すとともに、外部に与える影響も最小限に抑えるという。

「Palette-Cu」のサイズは490W×34H×420Dmmで、質量は約7kg。重さは「PaletteBoard」の5.5kgから重くなっているが、サイズは同じとなっている。なお、ボードの仕上げには「Palette-Cu」「PaletteBoard」いずれも、固有の共振を自然に減衰する漆が採用されている。

取り扱い/
KRYNA(株)
Free Dial:0120-924-442

関連記事