オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
アナログプレーヤーの楽しみ方を広げる

クライナ、「トーンアームマウントシステム」試聴会を11月9日に開催

季刊オーディオアクセサリー編集部
2019年11月06日
クライナは、新製品「KRYNAトーンアームマウントシステム」の試聴会を、11月9日(土)にオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館にて実施する。

「KRYNAトーンアームマウントシステム」

「KRYNAトーンアームマウントシステム」は、現在使っているアナログプレーヤーを90度回転させてそのまま置くだけで、トーンアームを追加することができるアイテムで、12月の発売が予定されている。ロングアーム追加やツインアーム仕様など、アナログレコードの楽しみ方を広げることができる。

JELCOのTK-950L用モデル「950L-TMS」の予価は85,000円(税抜)で、SME用など他のアーム用も現在開発中

今回の試聴会では、「ショートアームvsロングアーム」「スタティックバランスvsダイナミックバランス」など、アームの仕様による音の違いから、アナログプレーヤーに効果的なアクセサリーなど、アナログ三昧で実施される予定。使用するプレーヤーを変えずに、どこまで音が変わるのか、ぜひ会場で体験してみてはいかがだろう。

「KRYNAトーンアームマウントシステム」は、増刊『電源&アクセサリー大全2020』にて使用レポートを掲載している。こちらもぜひ参照いただきたい

音質向上アクセサリー全般を1冊に凝縮した特別増刊『電源&アクセサリー大全2020』

■使用予定機材:
・プレーヤー/SCHEU ANALOG「CELLO」、LINN「LP12」
・トーンアーム/JELCO「TK-950S」、JELCO「TK-950L」、SME「M2-12R」
・カートリッジ/DENON「DL-103」ほか

■試聴内容
・トーンアームマウントシステムの説明、使い方
・SCHEU ANALOG「CELLO」にて純正アームとトーンアームマウントシステムに搭載したTK-950の比較
・TK-950を用いてショートアーム/ロングアームの比較とスタティックバランス/ダイナミックバランスの比較
・LP12にマウントシステムを設置してロングアームを試聴 など

■日時:2019年11月9日(土)
12:00〜14:00 フリー試聴
14:00〜16:00 試聴会
16:00〜17:30 質疑応答及びフリー試聴

■会場:オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館
〒101-0062 東京都千代田区 神田駿河台2-2-1 4F

関連記事