オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
デジタルパワーアンプIC「TPA3116」2基搭載

FX-AUDIO-、6,980円でデュアルモノ構成のステレオパワーアンプ「FX-1001Jx2」

編集部:平山洸太
2019年08月22日
ノースフラットジャパンは、FX-AUDIO-ブランドのステレオパワーアンプ「FX-1001Jx2」を、8月23日21時より発売する。価格は6,980円(税込)。カラーはブラックとチタンブラックが用意される。

「FX-1001Jx2」(チタンブラック)

「FX-1001Jx2」(ブラック)

アンプには、TexasInstruments製のデジタルパワーアンプIC「TPA3116」を2基搭載。それぞれをParallel BTLモノラルモード駆動させるデュアルモノラル構成を採用する。これによりチャンネルセパレーションを高め、「1台の筐体でモノラルアンプ2台構成に迫る分離感・ステレオ感を実現」するとアピールされる。

内部イメージ

ボリューム調整機構は音質劣化の要因となるため排除しながらも、正面にゲイン設定スイッチを設けることで4段階の出力レベル設定(20/26/32/36dB)に対応。MCU制御によるデジタルアンプICパラメーター変更方式を採用する。

またTexasInstruments製オペアンプ「NE5532」を使用した前段バッファ回路を実装することで、SN比の改善や音痩せなどを防ぎ、繊細な余韻や空間表現を実現したとしている。

正面パネルと背面端子部

出力は60W×2で、対応スピーカーは4-16Ω。外形寸法は90W×33H×123Dmm(突起部除く)で、質量は375g。出力端子としてバナナプラグ対応のスピーカーターミナル、入力端子としてステレオRCA端子を備える。

関連記事