オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
出力は800W/ch(4Ω)

<HIGH END>Playback Designs 、約130kgの巨大アンプを参考出展/Ayre、ネットワーク対応CDプレーヤー「CX-8」

編集部:小澤貴信
2019年05月12日
世界最大規模のオーディオ見本市「HIGH END MUNICH 2019」が独ミュンヘンで現地時間の9日から12日まで開幕している。

Playback Designs(プレイバック・デザインズ)は、フラグシップとなるセパレートプレーヤー“DREAMシリーズ”と共に、約130kgという超弩級ステレオ・パワーアンプ「SPA-8」を参考出展した。

「SPA-8」(写真右)。左側にある“DREAM”のトランスポート/DACと比べるとその巨大さがわかるだろう

外形寸法は730W×340H×860Dmm。筐体デザインがDREAMシリーズと揃えられているだけに、その大きさが際立つ。出力は800W/ch(4Ω)、連続最大出力は1,600W/chを誇る。アンプ部は、いずれもディスクリート構成というクラスAの入力段と電圧増幅段、クラスAのプリ・ドライバー段およびクラスAドライバー段、バイポーラトランジスターによるクラスABの出力段で構成されている。

電源部は、1,800VAのトロイダルトランスを2基、294,000μF相当のキャパシターなどで構成されている。また、各チャンネルは個別に備えられた独立動作するプロセッサーで制御される。今回出展されたのはプロトタイプとのことで、今後も仕様などは検討・変更されるようだが、2020年の発売を目指しているという。

Playback Designsのブース

AYRE(エアー)は、8シリーズの新製品としてネットワーク再生機能を内蔵したCDプレーヤー「CX-8」を出展した。先行して登場した8シリーズのネットワークプレーヤー/USB-DAC内蔵プリメインアンプ「QX-8」と共通のデジタル部を備えており、CDプレーヤー機能に加えて、パソコン等からのUSB入力、ネットワーク再生、TidalやDeezer HiFiなどの音楽ストリーミング再生、Roon Readyなどに対応する。

「CX-8」

ティアック製CDメカを搭載。DACチップはESS製「ES9038Q2M」を採用する。アナログ出力はRCAシングルエンド/XLRバランスを搭載。デジタル入力はLAN、USB-Bなどを備える。発売は今年の8月〜9月の発売を予定しているという。

背面端子部

関連記事