オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
KIKO DSMは生産完了に

リン、「Selekt DSM」に新モジュール7モデル。KATALYST DAC搭載「AKURATE EXAKTBOX-I」も

編集部:小澤麻実
2019年05月16日
リンジャパンは、モジュールによって機能拡張が行えるネットワークプレーヤー/アンプ「Selekt DSM」(製品ニュース)の新モジュール7モデルを6月に発売すると発表した。

スタンダード DAC カートリッジ(2ch):¥100,000(税抜)
KATALYST DACカートリッジ(2ch):¥300,000(税抜)
ラインアウトカートリッジ/DACなし(2ch):¥120,000(税抜)
パワーアンプカートリッジ/DACなし(2ch):¥240,000(税抜)
アンプ 1ch & (サブウーファ)ラインアウト 1ch カートリッジ:¥180,000(税抜)
HDMI 入力スイッチングモジュール(4 in/1 out):¥100,000(税抜)
サラウンド・プロセッシング・モジュール:¥200,000(税抜)

先日開催された独HIGH ENDに出展されていた「Selekt DSM」

モジュールの追加・交換ができる内部も公開されていた

なお、新たに「Selekt DSM」を購入するユーザー向けの5.1chパッケージも用意されている。単体同士を組み合わせるより8万円お得になるとのこと。

SELEKT 5.1 -S:¥1,340,000(税抜)
SELEKT DSM -SにHDMI スイッチングモジュール、サラウンド・プロセッシング・モジュール、 スタンダード DAC×2(4ch 分)、ラインアウト x2(4ch 分)を組合せ

SELEKT 5.1 -SA-S:¥1,720,000(税抜)
SELEKT DSM -SにHDMI スイッチングモジュール、サラウンド・プロセッシング・モジュール、 スタンダード DAC×2(4ch 分)、パワーアンプ×1(2ch 分)、パワー&ライン×1を組合せ

SELEKT 5.1 -K:¥1,960,000(税抜)
SELEKT DSM -SにHDMIスイッチングモジュール、サラウンド・プロセッシング・モジュール、 Katalyst DAC×2(4ch 分)、ラインアウト×2(4ch 分)を組合せ

SELEKT 5.1 -KA:¥2,340,000(税抜)
SELEKT DSM -SにHDMIスイッチングモジュール、サラウンド・プロセッシング・モジュール、 Katalyst DAC×2(4ch 分)、パワーアンプ×1(2ch 分)、パワー&ライン×1を組合せ


KATALYST DAC搭載の「AKURATE EXAKTBOX-I 」登場

また、KATALYST DACを搭載した「AKURATE EXAKTBOX-I 」が5月20日に発売されることも発表された。価格は80万円(税抜)。既存モデルのKATALYSTアップグレードは45万円(税抜)にて行える。

なお、2018年9月1日以降に「AKURATE EXAKTBOX-I 」を購入したユーザーに対しては、10万円(税抜)でアップグレードできるプログラムも用意されている。


KIKO DSMが生産完了

小型本体ユニット+2chスピーカーのセット「KIKO DSM」が生産完了となることもアナウンスされた。製造工程の複雑さやカラーバリエーシ ョンの豊富さからラインナップし続けることが難しくなっ てしまったとのこと。すでに受注を終了している。

関連記事