オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
DSオーディオの光カートリッジとの組み合わせ

MAG-LEVオーディオの磁気浮上ターンテーブル試聴会が5月3日から開催

季刊オーディオアクセサリー編集部
2019年04月19日
『季刊オーディオアクセサリー 』誌の172号(2月発売の最新号)では、(株)ユキムが輸入するMAG-LEVオーディオによる新しい磁気浮上ターンテーブル「ML-1」に、DSオーディオの光電型カートリッジ「DS-E1」を組み合わせた「最新鋭のアナログ再生を体験」をテーマとした特別レポートを掲載している。

オーディオのターンテーブル「ML-1」(オープン価格、予想実売価格398,000円前後、税別)

この誌面でも掲載している、アナログ再生で理想的とされてきた「磁気フローティング」&「光カートリッジ」という最新鋭の組み合わせは、どんな音を奏でてくれるのだろうか。実際にその音を体験できる試聴会が、(株)ユキムと完実電気(株)の協力にて、ゴールデンウィーク中の5月3日(金・祝)から5月6日(月・祝)まで、東京町田のAudioStore PLUTONを会場に実施されることとなった。

MAG-LEVオーディオのターンテーブル「ML-1」は、2017年のミュンヘンショーで衝撃のデビューを飾り、その磁気浮上プラッターシステムが大きな話題となっている。

「ML-1」の磁気浮遊システムは、ターンテーブル本体に配置された6個のマグネティック・コイルで完全に浮遊させるため、回転軸に接点がなく、回転に対する摩擦がないというメリットがあるという。プラッターを本体から完全に切り離した状態で浮遊させていることから、床や設置面からの振動を排除するために理想的とされる “フローティング” を実現していることもポイントとされている。

組み合わせるカートリッジ、DSオーディオの「DS-E1」は光電型の最新モデルであり、待望されていたエントリーモデル。針先の動きを光の明暗差で検出するという磁気回路を持たない発電機構のため、動的な磁気の負荷が発生せず、原理的に磁場の影響を受けない特徴を持つという。光電型用の専用イコライザー「DS-E1 EQ」も100,000円、税別というDS002の半額以下に価格を実現した。

DSオーディオの光カートリッジ「DS-E1」(カートリッジ本体100,000円、税別)

今回の試聴会では、(株)ユキムが取り扱う、ELACのスピーカーシステムとAURAのアンプを組み合わせたシステムをセットアップし、再生される。また、クオリティアップ・アクセサリーとして、KRYNAのアナログ用セッティングアイテムを用いて、アナログ周りの使いこなしやセッティングによる音の違いも体感することができる。

開催期間は5月3日(金・祝)より6日(月・祝)までの4日間で、前半の3日間はフリーの試聴体験として実施し、最終日の6日には、午後14時から16時まで取り扱い代理店である完実電気(株)の担当者による説明も行われる。

注目の磁気浮上方式プレーヤーと、その方式を生かす光電型カートリッジ。新しいアナログの音を体験しに、愛聴盤を持参して出かけてみてはいかがだろう。

グリーンの点滅が未来的な雰囲気を醸す、価格的にも好バランスな最有力コンビとして『季刊オーディオアクセサリー172号』(2月発売の最新号)に4ページにわたり掲載

【MAG-LEVオーディオ/磁気浮上ターンテーブル試聴会】
●開催日と時間:
 フリー試聴:5月3日(金・祝)〜5日(日・祝)
 メーカー説明とデモ:5月6日(月・祝)14:00〜16:00
●講師:完実電気(株)担当者
●使用予定機材:
 アナログプレーヤー:MAG-LEVオーディオ「ML-1」
 カートリッジ:DSオーディオ「DS-E1」
 アンプ:AURA「vita Premium Black Edition」
 スピーカー:ELAC FS407
●予約:不要
●開催場所:AudioStore PLUTON
〒194-0015東京都町田市金森東4-2-38
●問い合わせ:TEL/042-706-8070(11:00-17:00 [水・木は定休])

関連記事