オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
トーンアームはSAECとコラボ

ティアック、新開発モーター/ナイフエッジ機構アーム搭載のアナログプレーヤー「TN-4D」

編集部:押野 由宇
2019年02月15日
ティアックは、新開発の薄型ダイレクトドライブモーターとナイフエッジトーンアームを採用したアナログプレーヤー「TN-4D」を3月中旬より発売する。価格はオープンだが、64,800円前後での実売が予想される。カラーはウォルナットとピアノブラックをラインナップ。

「TN-4D」(ウォルナット)

ブラシレスDCモーターを薄型ボディに収めた、ダイレクトドライブ方式のアナログプレーヤー。 新開発の薄型ブラシレスDCモーターとフィードバック制御により、水晶精度の正確さとコギングを抑えた滑らかな回転を実現したとしている。また、従来のモーターに比べ薄型の設計にしたことで、本体を薄型に仕上げている。

「TN-4D」(ピアノブラック)

プラッターは高い回転モーメントを持つアルミ・ダイカスト製で、新開発モーターと相まってより安定した回転を実現したという。またインシュレーターにはアルミ削り出しの金属製シェルを採用し、ラバークッションを介して高密度MDFのコア材に固定することで、振動対策を図っている。

トーンアーム部ではSAECとコラボレーションし、可動部にナイフエッジを用いた新開発のトーンアームを採用。 通常のベアリング構造では得られない分解能の高いサウンドを実現したとする。また、新日本無線製のオーディオ用高精度オペアンプ「NJM8080」をフォノイコライザーに採用するほか、USBデジタル出力を備えており、パソコンと接続してデジタルアーカイブすることができる。

SAECとコラボしたトーンアームを搭載

カートリッジにはSUMIKO社の「Oyster」MM型カートリッジをヘッドシェルに装着済の状態で同梱。S字アームトーンアームにはヘッドシェルやカートリッジの付け替えが容易なユニバーサル式を採用する。

LPレコードとEPレコードの再生が可能な45、33-1/3回転に対応。ワウ・フラッターは0.1%で、S/Nは67dB以上(A-weighted、20kHz LPF)となる。アナログ出力はRCAを搭載。外形寸法は420W×117H×356Dmm(突起部含む)、質量は約6.1kg。

関連リンク

関連記事