オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
「生産の都合」により

ヤマハ、ターンテーブル「GT-5000」発売を'19年4月から11月に延期

編集部:風間雄介
2019年02月14日
(株)ヤマハミュージックジャパンは、ターンテーブル「GT-5000」(関連ニュース)の発売を、当初予定の2019年4月から2019年11月に延期すると発表した。

ヤマハ「GT-5000」

延期の理由について同社は「生産の都合」と説明しており、予約受付についても、当初は2019年3月1日(金)の開始を予定していたが、これも2019年9月2日(月)に変更する。

さらに、2019年夏の限定発売予定となっていたピアノブラック色(PB)についても、価格や発売時期などが決まりしだい発表するとしている。

同社では「発売を心待ちにされているお客様をはじめ、関係者の皆様には多大なるご迷惑をお掛けしますことを、心よりお詫び申し上げます」とコメントしている。

GT-5000は、音の本質を基本に忠実に追求するという独自の “GT思想”(Gigantic & Tremendous)に基づいて開発された、ベルトドライブ方式のアナログターンテーブル。2017年9月に東京インターナショナルオーディオショウで参考出展され、2018年9月に正式発表された。正式発表の際、2019年4月とアナウンスしていた。

関連記事