オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
付属ケーブルのアップグレードキャンペーンも実施

IsoTek、12口の出力を備えた電源コンディショナー「EVO3 NOVA」。100万円

編集部:押野 由宇
2019年01月21日
ナスペックは、同社が取り扱うIsoTekブランドの電源コンディショナー「EVO3 NOVA」を、本日1月21日より発売する。価格は1,000,000円(税抜)。

「EVO3 NOVA」

前段8/後段4の計12口を備えた電源コンディショナー。フィルタリングとして前段に従来モデル「SIGMAS」と同じ20Aデルタフィルターを2基、各コンセントに10Aのデルタフィルターを備える。デルタフィルターは負荷電流による電圧変動を低く抑えながら、電源などから混入するディファレンシャル・モード・ノイズと携帯電話やWi-Fi信号などの空気中を飛び交う電波によるコモン・モード・ノイズの両方に対して効果を発揮するという同社独自技術だ。

加えて前段8口に接続された機器のインピーダンスに応じて、デルタフィルターが最適な動作を行うようにコントロールする新技術「Adaptive Gating」を搭載することで、SIGMAS以上の効果が発揮できるようになったという。

後段用にはデルタフィルターの効果をさらに高めるために高出力オーディオ機器に特化して開発された20A DCDフィルターを2基搭載。各コンセントには20Aデルタフィルターを採用している。また全12口のコンセントには、搭載したオーディオ製品のトランス鳴きを排除するという新技術「DC RE-BALANCE SYSTEM」が搭載された。

また、並列接続されるフィルター群と出力コンセント群は、1点から放射状に分岐して共通インピーダンスを追放したスター結線により、フィルター間や出力コンセント間の相互干渉を防いでいる。ほか、各機種が出す整流ノイズやデジタルノイズを低減し、AC電源への汚染を防ぐとともに、AC電源からノイズが他の機器へ流れないよう双方向のノイズ低減を実現するという「BNR TECHNOLOGY」を採用する。

入力電圧はAC 100V、50/60Hzで、出力電圧は入力と同一。入力コンセントはIEC 3P(20A)×1系統。出力コンセントがIEC 3P×12系統で、高出力はIEC 3P / 16A×4系統(各系統最大16A)、低出力はIEC 3P / 10A×8系統(各系統最大10A)。外形寸法は438W×170H×372Dmm、質量は16.3kg。

またEVO3 NOVAの発売を記念し、2019年3月末日までに製品を購入すると、付属の電源ケーブルを「EVO3 PREMIER」(25,000円/1.5m相当)から、別売りオプションである「EVO3 OPTIMUM」(125,000円/1.5m)に変更するキャンペーンが実施される。

「EVO3 OPTIMUM」

1.5m以上を希望する場合、0.5mごとに25,000円(税抜)の追加で指定が可能。なお、EVO3 OPTIMUMに変更された場合、EVO3 PREMIERは付属しない。

関連記事