オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
12月9日(日) 午前3時から

ゲルギエフ指揮のベルリン・フィル公演、無料ハイレゾ生中継配信。IIJ運営「PrimeSeat」で

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:小野佳希
2018年11月28日
インターネットイニシアティブ(IIJ)は、12月9日(日)3時(8日土曜日27時)からのベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 定期公演をDSD 11.2MHzのハイレゾで無料生中継配信する。

指揮はヴァレリー・ゲルギエフ

同社が運営するハイレゾストリーミングサービス「PrimeSeat」で定期的に展開しているライブ配信の最新回。PC(Windows/Mac)かiOS端末に専用ソフト「PrimeSeat」をインストールすることで聴取可能。ライブ配信に加えて見逃し配信も行い、DSD 11.2MHzのほか、DSD 5.6MHz、PCM 96kHz/24bitでの配信も用意している。

なお音源のフォーマットにより、対応コンバーター(DAC)や外部オーディオ機器が必要になる。またDSD 11.2MHzコンテンツの再生には、ユーザーの再生環境として常時約24Mbps以上の通信速度が必要となる。

今回の公演ではヴァレリー・ゲルギエフがストラヴィンスキーの《火の鳥》を指揮。演目の詳細は下記の通り。

・ドビュッシー:《牧神の午後への前奏曲》
・プロコフィエフ:バレエ音楽《シンデレラ》より抜粋
・リムスキー=コルサコフ:《金鶏》組曲
・ストラヴィンスキー:《火の鳥》全曲

関連リンク

関連記事