10:30配信開始

IIJ、4月6日開催『東京春祭マラソン・コンサート』を無料配信。「PrimeSeat」でのハイレゾ配信も

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:平山洸太
2019年04月04日
インターネットイニシアティブ(IIJ)は、上野で開催中の「東京・春・音楽祭 2019」において、4月6日(土)に行われる公演『東京春祭マラソン・コンサート vol.9 宮廷の時代―5つの“響き”〜ヨーロッパの芸術と宮廷の歴史をひも解く(日本・オーストリア国交樹立150年記念)』を無料で終日ライブ配信する。

「東京・春・音楽祭 2019」

映像も含めてライブ配信が行われ、公演の合間にはヨーロッパ文化史研究家 小宮正安氏による解説も実施。また音声のみとなるが、ハイレゾストリーミングサービス「PrimeSeat」でも同時に配信が行われる。なおPrimeSeatでの配信形式はDSD 11.2MHz・5.6MHz。

配信は4月6日(土)の10:30から開始。公演は東京文化会館 小ホールで開催され、内容は「16世紀から20世紀初頭に至るまで、ヨーロッパの文化に多大な影響を与えた宮廷音楽を5つの “響き” に分け、宮廷の歴史をひも解いていきます」と説明されている。

配信時間と曲目は以下の通り。

10:30 - オープニング
11:00 - 12:00 第一部 「祝祭の響き」(ヘンデル:組曲<王宮の花火の音楽>より序曲/ラモー:オペラ・バレ<優雅なインドの国々>ロンドほか)
12:10 - 解説
13:00 - 14:00 第二部「楽興の響き」(モルター:クラリネット協奏曲第3番ト長調より第1楽章/フリードリヒ2世:フルート・ソナタ第2番ハ短調ほか)
14:10 - 解説
15:00 - 16:00 第三部「祈願の響き」(サリエリ:イエスの母君/モーツァルト:モテット<踊れ,喜べ,汝幸いなる魂よ>ほか)
16:10 - 解説
17:00 - 18:00 第四部「賛美の響き」(チャイコフスキー:デンマーク国家に基づく祝典序曲op.15/パガニーニ:「神よ、王を守りたまえ」ほか)
18:10 - 解説
19:00 - 20:00 第五部「支援の響き」(ベートーヴェン:交響曲第1番ハ長調op.21より第1楽章/ハイドン:オラトリオ<天地創造>ほか)

関連記事