オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
7月上旬のアップデートにて

Cocktail AudioのマルチメディアプレーヤーがMQA-CDの再生に対応

編集部:小澤貴信
2018年06月28日
Cocktail Audio(カクテルオーディオ)のマルチメディアプレーヤーが、7月上旬のファームウェア・アップデートでMQA-CD再生に対応する。同ブランドの輸入販売を行うトライオードがアナウンスした。

X45Pro

対象機種は以下の通り。

・マルチメディアプレーヤー「X35」「X45」「X45Pro
・デジタルミュージックサーバー&トランスポート「X50D

MQA-CDの対応内容については、DACを内蔵したX35/X45/X45Proでは、MQA-CDをフルデコード再生して、最大352.8kHz/24bitの信号をD/A変換してアナログ出力する。デジタル出力時は、MQAの規定に準拠したデジタル信号を出力する。

DAC非搭載のX50Dについては、デジタル出力から、MQA規定に準拠したデジタル信号が出力される。

新ファームウェアのバージョンはR1298となる。

関連リンク

関連記事