オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
純正フォノケーブルも

KUZMA、独自の4点軸受けトーンアーム「4POINT」に9インチのショートモデル

編集部:伊藤 麻衣
2018年06月07日
シーエスフィールドは、同社が取り扱うKUZMA(クズマ)の9インチサイズのトーンアーム「4POINT 9」と、純正フォノケーブル「4POINT 9 純正シルバー合金フォノケーブル」を6月15日から発売する。価格は、「4POINT 9」が730,000円(税抜)で、純正フォノケーブルが320,000円(税抜)。

「4POINT 9」

4POINT 9は、上位機「4POINT」(関連ニュース)のショートバージョンモデル。アームの長さが上位機は11インチであるのに対し、本製品は9インチとなる。また、VTAタワーを省略することで小型・軽量化を実現。これにより、より狭い設置面積へ対応し、大半のサスペンデッド型ターンテーブルにもフィットするようになった。

上位機に採用された技術も継承しており、高さ調整だけでなく、スタイラスの偏心やカンチレバーの曲がり等に対応するアジマス調整機構(ラテラル・バランス調整)を装備。また、4点で構成された独自のベアリングにより、ガタのない精密な動きを可能にしたとする。

4点軸受けの第1セットの2点はトーンアームの垂直方向の動きを、第2セットの2点の軸受は水平方向の動きをコントロール。全4点は回転するすべての方向において摩擦を最小限に抑え、遊びをなくすことを実現。これにより、ヘッドシェルおよびカートリッジ自体が最小の振動でレコードの溝を正確に辿ることを可能にしたとしている。

また、VTA(ヴァーティカル・トラッキング・アングル)の誤差を修正するVTA調整機能を搭載。高さをコントロールするVTAスクリューによりトーンアームの支柱を上下させて調整することができる。

ヘッドシェルは脱着可能で、付属のアレンキーで固定ネジを緩めることで簡単に固定/分離が可能。固定時は六角ロックシステムで固定され、アームチューブと一体化したヘッドシェルと同様の剛性を持つとのこと。

4POINT 9 純正シルバー合金フォノケーブル

本製品はフォノケーブルの着脱が可能なため、純正ケーブル以外の5ピンDIN端子仕様のフォノケーブルも使用可能。純正ケーブルは、4POINT 9用に最適化された特殊合金シルバーフォノケーブルとなっている。

実行長は229mmで、取り付け距離は212mm。オフセット角は23度、適応カートリッジ質量は最大で35g。質量は920g。

【問い合わせ先】
シーエスフィールド(株)
TEL/076-491-2207

関連記事