オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
春のヘッドフォン祭に出展予定

エミライ、米国の高級ヘッドホンアンプ・ブランド「HeadAmp」の取り扱いを開始

編集部:小澤貴信
2018年04月27日
エミライは、米HeadAmpのヘッドホンアンプを取り扱い開始する。2018年5月中の製品発売を目指しているという。

「GS-X Mk2」

HeadAmpは米バージニア州で2002年に創業したヘッドホンアンプ専業メーカー。創業当時からハイエンド・ヘッドホンアンプのブランドとして欧米で高く評価され、今日に至っている。日本への正式な導入は今回が初めてとなる。

発売が予定されているのは、電源を別筐体としたバランス駆動対応ヘッドホンアンプ「GS-X Mk2」、静電型ヘッドホン用の真空管アンプ「Blue Hawaii SE」、デスクトップサイズの「Gilmore Lite Mk2」の3機種となる。

価格帯は「GS-X Mk2」が40万円以下、「Blue Hawaii SE」が70〜80万円前後、「Gilmore Lite Mk2」が7〜8万円前後になる見込みとのこと。

Blue Hawaii SEについては、同社が取り扱う米MrSpeakersの静電型ヘッドホン「VOCE」(関連ニュース)との組み合わせで訴求するとのこと。この組み合わせについては、エミライで動作保証も行う。

上述の3機種については、明日より開催の「春のヘッドホン祭」に出展されるとのことだ。

関連リンク

関連記事