オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
防音工事会社のアコースティックラボ主催

“高音質な部屋”構築のポイントとは? “音がいい防音室”「蔵前ヴィレッジ」での試聴会が今週12月28日に開催

編集部:小野佳希
2017年12月25日
防音工事会社のアコースティックラボは、実例をもとに“音がいいオーディオルーム”づくりのポイントを体感できる試聴会「第46回 Acoustic Audio Forum」を今週12月28日(木)に開催する。


会場は同社がノウハウを注ぎ込んだ“音がいい防音室”「蔵前ヴィレッジ」(住所:台東区柳橋2-19-10 第二東商センタービル2号館B棟1階)。「15時〜17時」の第一部、「18時〜20時」の第二部という二部制で、どちらの回も基本的な内容は同一。公式サイトのメールフォームや下記問い合わせ先から参加申し込みを受け付けている。

テーマは「今年のオーディオルーム実例紹介」。実際の完成写真や音響特性データを交えながら、“音がいい”オーディオルーム構築のポイントを解説する。

音出しデモのシステムには、トリノフオーディオのデジタルサウンドオプティマイザー「ST2HiFi3D」や、自作の平面バッフルフルレンジスピーカーとスロットロードウーファーも今回初めて用意。トリノフオーディオ「ST2HiFi3D」による音響補正機能の効果なども体験できる。

なおイベントの前後に建築音響相談会および、自由試聴時間を設ける。建築音響相談会を希望の場合は、申込フォーム備考欄への記入、もしくは電話にて事前に予約するよう同社は案内している。

【問い合わせ先】
アコースティックラボ
担当:草階(くさかい)氏
TEL/03-5829-6035
kusakai@acoustic-designsys.com

関連記事