オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
アコースティックラボ蔵前ショールームにて

音場か音像か? B&W「802D3」「805D3」比較で“究極のステレオフォニック再生”を追求する試聴会、今週末開催

編集部:小野佳希
2017年09月27日
オーディオファン向け物件の防音工事を多数手がけるアコースティックラボは、「究極のステレオフォニック再生をもとめて【第1回】ーあなたは音場派?音像派?ー」をテーマにした試聴会「第43回 Acoustic Audio Forum」を今週末9月29日(金)・30日(土)に開催する。


・日時
 9月29日(金)18時〜20時(17時開場)
 9月30日(土)14時〜16時(13時開場)
・会場:同社蔵前ショールーム(各線浅草橋駅より徒歩)

同社では、「ステレオフォニック再生とは何か?といっても十人十色のイメージがあるのではないかと思われますが、あえて2派に分類して探っていこうという試みです」とテーマ設定の趣旨を説明。

「音場派 = 音楽の現場をそのまま部屋に再現したい」「音像派 = 楽器などの音をリアルに再現したい」という命題は録音、編集というソースづくりの問題、アンプなどの伝送系の諸問題なども大きく関係しているとし、数回に渡って『スピーカーと部屋』の関連を軸としてこの問題に迫っていくという。

初回となる今回はB&W「802D3」と「805D3」の比較試聴を実施。「同じブランドで同じシリーズの製品ですから音質・音色の違いが少ないからこそ比較試聴する意義はあると思っています」としている。

参加は無料で、公式サイトおよび下記問い合わせ先から参加申し込みや問い合わせを受け付けている。

【問い合わせ先】
アコースティックラボ
担当:草階(くさかい)氏
kusakai@acoustic-designsys.com
TEL/03-5829-6035
FAX/03-5829-6105

関連記事