オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
LUMIN App上で利用可能に

SOtMのネットワークトラポ「sMS-200」がTidal/Qobuzに対応

編集部
2017年08月23日
(株)ブライトーンは、同社が取り扱うSOtMブランドのネットワークトランスポート「sMS-200」が、ロスレス音楽ストリーミングサービス“Tidal”および“Qobuz”(日本ではサービス未導入)に対応したことを発表した。


TidalとQobuzは、BubbleUPnP Serverの機能として試聴が可能。LUMIN App上から各サービスを利用することができる、

「sMS-200」


BubbleUPnP Serverで設定しているところ
sMS-200は、オーディオ向けに開発された専用のARMプロセッサーボードを搭載し、Linux OSを採用。RoonReady(Beta)に加え、DLNA、OpenHome、Music Player Daemon(MPD)、Logitech Media Server(LMS)、Squeezeliteなどによるネットワーク再生に対応する(関連ニュース)。

また、Logitech Media Serverを通じてSpotifyを再生することもできる(関連ニュース)。さらに先日、NAS機能も追加(関連ニュース)。minimServer/BubbleUPnP Server/LibreSpotが使用できる。

関連記事