オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
補修パーツの枯渇により

LINN、全ディスクプレーヤーの修理対応を8月末に終了

編集部:伊藤 麻衣
2017年06月26日
リンジャパンは、同社製ディスクプレーヤーの修理対応を、2017年8月末日をもって終了するとアナウンスした。


今回の修理対応終了の理由は「補修パーツの枯渇など」。対象となる製品は、同社製の全ディスクプレーヤーで、2017年8月末日をもって修理受付を終了する。

2009年にLINN PRODUCTS社がすべてのディスクプレーヤーの生産終了を発表。同社はその後も、「できる限りの修理対応」を継続してきたが、代表作「SONDEK CD12」の終了から13年、最後のディスクプレーヤーを出荷してから8年が経過した今回、そのサポートを終了することとなった。


修理受付終了日
2017年8月末日

LINN歴代DISKプレーヤー
1991〜 KARIK
1993〜 MIMIK
1998〜 SONDEK CD12
1998〜 CLASSIK MUSIC
1999〜 IKEMI、GENKI
2001〜 CLASSIK MOVIE
2002〜 UNIDISK 1.1/2.1/SC
2006〜 MAJIK CD
2007〜 AKURATE CD

【問い合わせ先】
リンジャパン
TEL/03-3527-3947

関連記事