オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
レコード関連アクセサリーも展示

<アナログオーディオフェア>テクニクス「SL-1200G/GR」試聴に立ち見多数/ラックスマンは発売前の新製品をデモ

編集部:押野由宇
2017年06月10日
アナログオーディオ関連イベント「アナログオーディオフェア2017」が、本日6月10日から11日の2日間、東京・秋葉原の損保会館で開催されている。2015年からスタートし、今年で第3回を迎える本イベントの様子から、本稿ではテクニクスやラックスマン、トライオードなどのブースについてレポートする。

秋葉原の損保会館で開催

Technics(テクニクス)が出展するブースでは、ターンテーブル「SL-1200G」と「SL-1200GR」によるアナログレコードの試聴が行われており、常に多くの来場者が詰めかけ、用意された椅子では足りないほどとなった。

常に来場者で賑わうテクニクスのブース

「SL-1200GR」の試聴が関心を集めた

アナログオーディオフェアに合わせて、ブランドが過去にラインナップしたターンテーブル製品を展示。これらの音出しは行われないものの、並べられた銘機の数々にそこかしこで「懐かしい」という声が聞かれた。

「SL-1200 Limited」など銘機が多数展示

ラックスマンとティアック、オヤイデ電気が共同でイベントを行うブースでは、時間ごとに各社の製品デモが行われるほか、フリータイムとしても各社のターンテーブルやアンプ、アクセサリーなどを組み合わせたシステムでレコードが鳴らされていた。

7月下旬発売予定のTEAC「TN-100」

6月下旬発売予定のラックスマンのプリメインアンプ「L-507uXII」、7月下旬発売予定となるティアックのターンテーブル「TN-100」などの新製品も用意。オヤイデ電気の取り扱うレコードスタビライザーや、Entreqブランドの仮想アースグランドボックスなども活用したシステムは、本ブースならではといえる。

プリメインアンプ「L-507uXII」

Entreqの仮想アースグランドボックスは実際に効果も確認できる

会場にはレコードだけでなく、ラックスマンのCDプレーヤー「D-380」などCDシステムも用意されているほか、ティアックは先日発売されたカセットデッキ/CDプレーヤー「AD-850」を使用してのカセットテープ再生もデモを行った。

カセットデッキ/CDプレーヤー「AD-850」

カセットテープもデモ用に用意

トライオードは、自社ブランドの真空管アンプやフォノイコライザーのほか、KRONOSブランドのターンテーブル、SPENDORのスピーカーなど、同社が取り扱う製品でシステムを組んでのレコード再生を行った。

トライオードが取り扱うブランドの製品で構成されたオーディオシステム

日本未発売の真空管アンプ「武蔵」も参考出展され注目を集めた。真空管「KT-150」を4本搭載するABプッシュプルアンプで、海外で発売されているモデルという。担当者によれば、現段階では日本での発売は考えていないが、イベントでの反響などからどうするか考えていきたい、とのこと。

海外でのみ発売されている「武蔵」を参考出展

エイ・アンド・エムとマイソニックラボの共同ブースでは、AIR TIGHTのアンプやTRANSROTORのターンテーブルに、MySonicのカートリッジを組み合わせたシステムを用意。

モノラルパワーアンプ「ATM-3211」

MySonicのカートリッジラインナップが飾られている様子

AIR TIGHTは参考出展の製品を3点用意した。1つはモノラルパワーアンプ「ATM-3211」、1つはフォノイコライザー内蔵プリアンプ「ATC-X」、もう1つはイコライザーカーブ可変機能搭載のフォノイコライザー「ATE-X」。すべてMunich HIGH END 2017にて発表されたモデルとなる(関連記事)。

フォノイコライザー内蔵プリアンプ「ATC-X」

ATE-Xは正面から見て左が低域/ターンオーバー、右が高域/ロールオフの設定を示しており、NAB、RIAA、FFAR、AES、FLATの5×5の計25通りの組み合わせで調整が可能となる。ATM-3211とATC-Xについては価格は未定だが年内の発売を予定しており、ATE-Xは来年発売を目標としているとのこと。

イコライザーカーブ可変機能を搭載するフォノイコライザー「ATE-X」

アンダンテラルゴは、オーディオラックの「Rigid Series」から、多段式の「Rigid Tower Silence」や「RigidTable」に、スパイク受けには「Silent Mount」、ケーブルはTHE CHORD COMPANY製品と、アクセサリー製品を使用したシステムでデモを実施。HANNLのレコードクリーニングマシン「Mera ELB Eco 24v」やレコード内袋といったレコード関連の製品も展示していた。

HANNL「Mera ELB Eco 24v」でクリーニングをデモ

オーディオラック「Rigid Series」を使用

会場2階の展示会場では、オーディオ各社が多種多様な製品を一斉展示。ヒノエンタープライズはZYXのカートリッジに加え、電動三次元振動によるクリーニング&ポリッシュ方式を採用したスタイラス・ポリッシャー「LAMBDA UP-1」といったクリーニングアイテムも用意。またBlack Ravioliの輸入業務を今秋より開始するとして参考出展を行っていた。

ZYXのカートリッジ製品を展示

電動スタイラス・ポリッシャー「LAMBDA UP-1」

さらに同ブースでは、AMAZONのターンテーブルやsolid core audioのケーブル製品、SIMAUDIO、MOON、STAXなど様々なブランドの製品が展示されていた。

むらさきの(株)が取り扱うAMAZONのターンテーブル「AMAZON 2」

MOONのフォノイコライザー「310LP」

ズートコミュニケーションはANALOG RELAXのカートリッジ「KOI-OTO」と「ginho lead(吟醸リード)」の組み合わせで音出しデモを実施。除電ブラシ「AR-ASRB1」もテスターを用意し、その効果を確かめることができた。

「KOI-OTO」と「ginho lead(吟醸リード)」

除電ブラシ「AR-ASRB1」

楫音舎はWell Temperedのターンテーブルとplatanusのカートリッジを出展。ゴルフボールがモノフィラメントで吊り下げられた独自の構造を持つ製品に、来場者が足を止め質問をする様子が見られた。

独自の機構を持つWell Temperedのターンテーブル

FIDELIXはトーンアーム「0 SideForce」に密着ヘッドシェル「MITCHAKU」、スタビライザー「CRYSTAL」など、同社製品を設置した様子を展示した。

FIDELIXの製品が装着された様子

フィデリティゲートはスピーカーケーブル「SP2103-S16」やRCAケーブル「RC9031」などケーブル製品を展示しており、これらは会場にほど近いオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館で試聴可能とのこと。また受注生産品となる後面開放・無垢材バッフル交換型のスピーカーを参考出展。ユニットの交換も可能で、展示品にはDIATONEのユニットが取り付けられていた。

スピーカーケーブル「SP2103-S16」

DIATONEのユニットが取り付けられた後面開放・無垢材バッフル交換型のスピーカー

インフラアコースティックスは、アナログプレーヤー用の除振装置「AN-0604a」の上に、実際にGARRARD「401」を載せ、設置の様子が分かるよう展示した。

GARRARD「401」を載せたアナログベース「AN-0604a」

ハマダ電気はGLANZブランドの新製品として、部品をチタンでコーディング処理したトーンアーム「MH-124SC」を展示。またそのほかのトーンアームや各プレーヤーに設置するためのアームベースなどのラインナップも用意された。

GLANZのロングアーム「MH-124SC」

トーンアームやアームベースのラインナップも多数展示

関連記事