オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
防音工事会社アコースティックラボ蔵前ショールームにて

部屋の残響時間とオーディオ的音質との関係を探る試聴会、今週末3月4日に開催

編集部:小野佳希
2017年03月01日
オーディオファン向け物件を多く手掛ける防音工事会社のアコースティックラボは、「残響時間とその周波数特性を考える」をテーマにした試聴会「第38回Acoustic Audio Forum」を今週末3月4日(土)に開催する。

会場となる同社蔵前ショールーム

■日時:3月4日(土)
 1部:13時〜15時
 2部:16時〜18時

■会場:同社蔵前ショールーム(JR浅草橋駅より徒歩)

オーディオ的な音の響きに配慮して作られた防音室を会場に、様々なデモを行うイベントの最新回。テーマは上記のように「残響時間とその周波数特性を考える」で、部屋の残響時間(吸音具合)でオーディオの音質がどのように変化するのかを考える。

同社では、「中低音域の部屋の響きが音楽再生のカギを握っている」とし、「現代の日本の住宅は50〜150Hzの帯域を吸音する構造になっている」と説明。「その帯域が不必要に吸音されることにより、低域吸音過多による再生音の物足りなさに繋がる」「同時に、その住宅構造を要因とした反射音の歪も無視できず、音の飽和感を感じることになる」と、テーマ設定の理由を説明している。

第1部、第2部とも内容は同一。参加はもちろん無料で、イベント公式サイトのメールフォームから参加申し込みや問い合わせを受け付けている。

関連記事