オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
旗艦MCカートリッジ

オーディオテクニカ「AT-ART1000」試聴会が東京と大阪で開催。講師は山之内正氏

編集部:小澤 麻実
2017年01月19日
オーディオテクニカは、フラグシップMCカートリッジ「AT-ART1000」の試聴会を2月に東京と大阪にて開催する。講師は山之内 正氏。

オーディオテクニカのフラグシップMCカートリッジ「AT-ART1000」。音元出版主催のオーディオ銘機賞2017やアナロググランプリでも高い評価を獲得している

オーディオテクニカ史上、もっとも洗練されたカートリッジ
ダイレクトパワーMCカートリッジ(AT-ART1000)試聴体験会


2月18日(土)大阪(心斎橋)ハートンホテル心斎橋別館3F「桜」
時間:10:30〜12:00/13:00〜14:30/15:30〜17:00(計3回開催)

2月25日(土)東京(御茶ノ水)
オーディオテクニカ テクニカハウス1F アストロスタジオ
(東京都文京区湯島1-8-3)
時間:10:30〜12:00/13:00〜14:30/15:30〜17:00(計3回開催)

2月26日(日)東京(御茶ノ水)
オーディオテクニカ テクニカハウス1F アストロスタジオ 
時間:10:30〜12:00/13:00〜14:30(計2回開催)

イベントでは、山之内氏がセレクトした各種レコードをART1000にて試聴。山之内氏とオーディオテクニカ開発担当者による製品解説なども行われる予定だ。各会場とも参加は無料で、定員制。申込者多数の場合は抽選となる。申込概要は以下のとおり。

【応募期間】2017年1月19日(木)〜2月2日(木)23:59

【応募方法】イベント特設サイトの応募フォームから


「AT-ART1000」は発電コイルをスタイラスチップの真上に配置する、独自のダイレクトパワー方式を採用しているのが特徴。発電コイルをカンチレバーの根元に配置する従来方式と比べ、カンチレバーの長さや材質に起因する音質への影響を抑制することができるとしている。

理論上は理想的な設計とされてきた手法だが、生産技術が難しく、これまで量産は不可能とされてきた。しかしオーディオテクニカは、技術開発と生産体制を3年という時間を要して確立することで製品化を実現した。製品の詳細はこちら


関連記事