オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
「音のサロン」などで聴ける

オンキヨー、15年ぶりに“Scepter(セプター)”復活。新技術満載のスピーカー「SC-3」発売

編集部:押野 由宇

前のページ 1 2 3 次のページ

2016年10月27日
オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、ONKYOブランドより、”Scepter(セプター)”シリーズのスピーカーシステム「SC-3」と、専用スピーカースタンド「AS-3」を12月中旬に発売する。価格は「SC-3」が300,000円(1台/税抜)、「AS-3」が60,000円(1台/税抜)。

「SC-3」と専用スタンド「AC-3」

発表会会場に用意された「SC-3」

セプターシリーズは、オンキヨーが1962年にスタートした“Scepterプロジェクト”を皮切りに、数々の名機を送り出してきたスピーカーシリーズだ。セプターの名を冠するスピーカーの登場は15年ぶりとなる。

SC-3は、CNF(セルロースナノファイバー)とパルプを配合した200mm・ONF振動板による「ノンプレスONFウーファー」と、25mm・リング型マグネシウム振動板を採用するコンプレッションドライバーによる“スーパー楕円形状”「コンプレッションホーンドライバーホーントゥイーター」を採用した2ウェイ・バスレフ型スピーカー。再生周波数帯域は28Hz〜50kHzで、ハイレゾ対応も果たしている。

ラウンド形状のキャビネットには最大42mm厚の高剛性MDFを用い、響きをコントロールする新技術「Resonance Sculpting Control」も採用。電流面を一致させた素子マウント構造の採用やムンドルフ製コンデンサーの使用でネットワーク回路も改善。ウーファーの表面に老舗ブランドの墨「紅花墨」を塗布して、表面の伝搬速度を向上させて低域解像度などを改善したことも特徴だ。

同社は発表に先駆けてプレス向けの発表会を開催。スピーカーおよびスタンドの詳細について、営業担当の八重口能孝氏、マーケティング担当の深江義久氏がプレゼンテーションを行った。発表会の様子を交えて、詳細を解説する。

八重口能孝氏

深江義久氏


新開発「ノンプレスONF(Onkyo Nano Fiber)ウーファー」を搭載

SC-3には、オンキヨーが長年にわたって培ってきたスピーカー技術をベースに、ハイレゾ時代のサウンドを実現するべく、数々の新技術が搭載されている。最大の特徴といえるのが、ONF振動板を採用を採用した「ノンプレスONF(Onkyo Nano Fiber)ウーファー」だ。

「ノンプレスONF(Onkyo Nano Fiber)ウーファー」

ONF振動板

ONF(Onkyo Nano Fiber)振動板は、鋼鉄と比べて1/5程度の軽さでありながら5倍以上の強度を持つ最先端バイオマス素材「CNF(セルロースナノファイバー)」と、パルプを独自の比率で配合した素材を採用。さらに素材の特性を生かしつつ、軽量化・高剛性化・高内部ロスを実現するために、オンキヨー伝統のノンプレス成形を施してウーファー用ユニットとした。

ウーファーユニットのフレームには、高強度アルミダイキャストソリッドフレームを採用。最先端シミューレーション研究によって、高次高調波の不要共振による可聴帯域への影響を排除するために形状が最適化されている。

アルミダイキャスト製のソリッドフレーム

また、ボイスコイルやマグネットも可能な限り大口径とすることで、ウーファーの性能を十全に引き出し、力強く低重心、かつレスポンス、立ち上がりの良い低音の再生を実現しているという。

さらに振動板表面に、400年の伝統を持つ奈良の老舗墨店・古梅園の高級墨「紅花墨」を塗布することで低域解像度を強化したことも大きな特徴だ。

「紅花墨」

表面の伝搬速度の向上、ヤング率や内部ロス、S/Nの改善について研究を進める中で、墨を塗布するというアイデアが挙がったという。そこで開発拠点の寝屋川に近い古梅園にアプローチして、同店の「紅花墨」を塗布したところ、実際に高い効果が得られたことから、今回の採用に至ったという。なお、「紅花墨」は1本2万円以上という高級墨となる。

音響解析で最適形状を算出したホーントゥイーターを搭載

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事