オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
価格は「802 D3」が340万円/ペアから

B&W「800 D3シリーズ」価格やスペックなど正式発表 - コンティニュアム・コーン採用など“ほぼ全て”刷新

編集部:小澤貴信

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ

2015年10月09日
ディーアンドエムホールディングスは、Bowers & Wilkins(B&W)の最新世代“800 Diamond”となる「800 D3シリーズ」を正式発表。10月より発売する。ラインナップされるモデルとその価格は以下の通り。

800 D3シリーズの主要モデル。左より「802 D3」、「803 D3」、「804 D3」、「805 D3」

802 D3 (新“802 Diamond”)
 ローズナット:¥1,700,000/1本(税抜) ピアノブラック:¥1,800,000/1本(税抜)

「802 D3」(ローズナット/ピアノブラック)

803 D3 (新“803 Diamond”)
 ローズナット:¥1,350,000/1本(税抜) ピアノブラック:¥1,450,000/1本(税抜)

「803 D3」(ローズナット/ピアノブラック)

804 D3 (新“804 Diamond”)
 ローズナット:¥730,000/1本(税抜) ピアノブラック:¥760,000/1本(税抜)

「804 D3」(ローズナット/ピアノブラック)

805 D3 (新“805 Diamond”)
 ローズナット:¥440,000/1本(税抜) ピアノブラック:¥460,000/1本(税抜)

「805 D3」(ローズナット/ピアノブラック)

800 D3は2016年春に発表予定

■センタースピーカー
HTM1 D3 (新“HTM1 Diamond”)
 ローズナット:¥900,000(税抜) ピアノブラック:¥950,000(税抜)
HTM2 D3 (新“HTM2 Diamond”)
 ローズナット:¥660,000(税抜) ピアノブラック:¥700,000(税抜)

「HTM1 D3」(ピアノブラック)

「HTM2 D3」(ピアノブラック)

■専用スタンド
FS805D3 (805 D3用スタンド)
 シルバー&ブラック:¥140,000/ペア(税抜) 
FSHTMD3 (センタースピーカー用スタンド)
 シルバー&ブラック:¥116,000/ペア(税抜) 

B&Wの“800 Diamond”の第三世代にして最新となる「800 D3シリーズ」は、英B&Wが先行して9月10日に発表(関連ニュース)。さらには9月25日から開催された東京インターナショナルオーディオショウでも実機が披露され、試聴デモが実施されていた(TIASにおけるB&W開発者イベントのレポート)。今回、この800 D3シリーズが国内正式発表され、発売日と価格が明らかになったかたち。

ディーアンドエムホールディングスは10月6日、プレス向け発表会を開催。サウンドマネージャーである澤田龍一氏による詳細な製品説明が行われた。また、発表会冒頭では同社取締役の中川圭史氏が挨拶。「その進化は過激を極め、ダイヤモンド振動板以外のほぼ全てが変更されました」と800 D3シリーズを紹介した。

(株)ディーアンドエムホールディングス 取締役の中川圭史氏

サウンドマネージャーを務める澤田龍一氏

ラインナップの概要。「803」が“タービンヘッド”搭載モデルに

澤田龍一氏による800 D3シリーズの詳細な解説を紹介する前に、各モデルのユニット構成など概略を紹介したい(センタースピーカー2機種については後述)。

現時点でのトップエンドとなる「802 D3」は3ウェイ・4スピーカーのバスレフ型スピーカー。ユニット構成は25mmダイアモンド・トゥイーター×1、150mmコンティニュアムコーンDSTミッドレンジ×1、200mmエアロフォイルコーン・ウーファー×2。周波数レンジは14Hz〜35kHzで、能率は90dB。外径寸法は390W×1,212H×583D。質量は94.5kgと、従来の802 Diamondより22.5kgも重くなっている。

「802 D3」


803 D3」は、従来の「803 Diamond」がトールボーイ型だったのに対して、802 D3と同様にミッドレンジを収めたヘッド部(タービンヘッド)を備えた形状となった。803 Diamondが3ウェイ・5スピーカーだったのに対して、本機は3ウェイ・4スピーカーとなる。ユニット構成は25mmダイアモンド・トゥイーター×1、130mmコンティニュアムコーンDSTミッドレンジ×1、180mmエアロフォイルコーン・ウーファー×2。周波数レンジは16Hz〜35kHzで、能率は90dB。外径寸法は334W×1,160H×498D、質量は65.5kg。

「803 D3」(右)と「804 D3」(左)

本シリーズでは唯一のトールボーイ型モデルとなった「804 D3」は、3ウェイ・4スピーカーのバスレフ型。ユニット構成は25mmダイアモンド・トゥイーター×1、130mmコンティニュアムコーンDSTミッドレンジ×1、165mmエアロフォイルコーン・ウーファー×2。周波数レンジは20Hz〜35kHzで、能率は89dB。外径寸法は238W×1,019H×345D、質量は33.0kg。

「805 D3」

ブックシェルフ型モデル「805 D3」は、2ウェイ・スピーカーのバスレフ型。ユニット構成は25mmダイアモンド・トゥイーター×1、165mmコンティニュアムコーンDSTミッドレンジ×1。周波数レンジは34Hz〜35kHzで、能率は88dB。外径寸法は238W×424H×345D(スタンド除く)、質量は12.6kg。

いずれのモデルも公称インピーダンスは8Ω(最低3.0Ω)となる。

なお、本来のトップエンドモデルである「800 D3」は、2016年春に登場予定のこと。澤田氏によれば「99%の設計は完了している」とのことだが、他モデルに比べて大型であるため製造が難しく、生産が追いつかないため、当初は802 D3以下のモデルの導入を優先していくという。

カラーについては、本来はローズナット、ピアノブラック、ホワイトの3色展開となるが、日本国内に導入されるのはローズナットとピアノブラックのみ。理由は「欧州では人気のホワイトも、日本をはじめとするアジアでは圧倒的に不人気のため」とのこと。

以降のページでは、今回の刷新の出発点となったケブラー・コーンにかわるコンティニュアム・コーンをはじめ、澤田氏による各部の詳細な解説をレポートしていく。

全ての革新の出発点となったコンティニュアム・コーン・ミッドレンジ

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ

関連記事