オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
小音量時の音質に配慮した「ローボリュームモード」も搭載

ソニー、ハイレゾ対応小型オーディオシステム「CAS-1」を10月17日に日本発売。約8万円

編集部:小野佳希
2015年09月29日
ソニーは、ハイレゾ対応のコンパクトオーディオシステム「CAS-1」を10月17日に発売する。ホワイトとブラックの2色で展開し、価格はオープンだが8万円前後での実売が予想される。

CAS-1(ホワイト)

CAS-1(ブラック)

IFAで海外発表していた製品(関連ニュース)の日本市場投入が発表された格好。本体部とブックシェルフスピーカーによる小型システムで、デスクトップなどの限られた設置スペースでも、ハイレゾ音源の微細な空気感や臨場感のある音場を再現するとしている。PCやタブレット、スマートフォンやウォークマンなどのモバイル機器とUSBケーブルで接続することでハイレゾ再生が可能であるほか、Bluetoothを従来比最大約3倍の情報量で伝送できるソニー独自開発のコーデックLDAC(エルダック)にも対応している。

スピーカー部

アンプ部の背面端子

PCなどの各機器を本機のUSB A/B端子と接続することで、ハイレゾ音源の再生に対応。WAV/FLAC/AIFF/ALAC 最大192kHz/24bit、DSD2.8MHz(リニアPCM変換)に対応する。また、DSEE HXも採用し、MP3などの圧縮音源をアップスケーリングし、最大192KHz/24bitのハイレゾ相当にまで拡張して再生する。

使用イメージ

本体部には、徹底したノイズ低減を実現したという新設計のフルデジタルアンプを搭載。S-Master HXをさらに進化させ、ノイズシェーパーをより高性能化した新開発の自社製Processer ICの採用および電源回路などの大幅な見直しにより、徹底したノイズ低減を実現したという。

デジタルアンプ基板

筐体とヘッドホンアンプ基板

スピーカーはデスクトップなどニアフィールドリスニングを想定。スピーカーユニットやネットワークに徹底的にひずみ対策を施したとのことで、これにより、ハイレゾ音源の持つ微細な音まで忠実に再現し、コンパクトながら圧倒的な臨場感をつくり出すとしている。

スピーカーの内部構造

スピーカーのネットワーク回路

限られたスペースでも、より適した再生環境が得られるように、スピーカーの角度をフラットと上向き(仰角8度)に設定できる2種類のスピーカー用スパイクを同梱。また、不要な振動を抑える5mm厚のスチール製スピーカーベースも付属させるなどで音質に配慮している。

上向き設置できるスパイクやスチール製スピーカーベースも付属

スチール製のスピーカーベースが付属

小音量再生時でも高音質を実現するという「ローボリュームモード」と「パルスハイトボリューム」を搭載。ローボリュームモードでは、小音量時は高域と低域で感度が下がる人間の耳の特性に合わせて、原音に忠実なバランスへと最適化することで、音量を下げてもバランスを崩さずに高音質再生を実現するという。

そして、音量を絞る際、通常のデジタルアンプのように情報量を間引くことなく、情報をフレーム単位で小さくできるパルスハイトボリューム制御を行い、小音量時でも高音質を維持することができるとしている。

トゥイーター部

ウーファー部

ヘッドホンアンプ機能も備え、スピーカー用のアンプとほぼ同面積のヘッドホン専用アンプ基板を搭載。ポータブルヘッドホンアンプ「PHA-2」に採用された高性能ICや、高級オーディオに搭載している高品位なパーツを多数採用した専用のヘッドホンアンプにより、ヘッドホン再生でも高音質かつパワフルな駆動を実現するという。また、ヘッドホンのゲイン切替(HI/LOW)が可能で、ハイクラスのヘッドホンにも対応する。

スピーカー用のアンプとほぼ同面積のヘッドホン専用アンプ基板を搭載

ワイヤレス音楽再生では前述のようにLDACに対応。NFCにも対応している。「SongPal」にも対応しており、同アプリをインストールしたスマホ/タブレットからサウンド設定や楽曲再生操作などが行える。アプリはAndroidとiOS両方で提供している。

【問い合わせ先】
ソニーマーケティング(株) 買い物相談窓口
TEL/0120-777-886
TEL/050-3754-9555(携帯電話・PHS・一部のIP電話など)

関連リンク

関連記事