オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
7月31日発売

エソテリック、SACDプレーヤー「K-05X」「K-07X」に50台限定のブラックモデル

編集部:小野佳希
2015年06月29日
エソテリック(株)は、SACDプレーヤー「K-05X」と「K-07X」(関連ニュース)のカラーバリエーションとして、ブラックモデル「K-05X B」と「K-07X B」を各50台限定で7月31日より発売する。価格は通常モデルのシルバーと同じで、「K-05X B」が580,000円、「K-07X B」が430,000円(いずれも税抜)。

K-05X B

2月より発売しているUSB-DAC内蔵SACDプレーヤー「K-05X」「K-07X」にカラーバリエーションを追加。本体色以外の仕様は変わっていない。

K-07X B

両機種ともUSB-DACは11.2MHz DSDの再生にも対応。DSDはASIO2.1およびDoPによる再生が可能だ。K-05XとK-07Xの違いは搭載するドライブメカが異なる点のみで、それ以外の仕様は基本的に共通。

K-05Xはディスク回転時の面振れを補正して読み取り精度を高めるオリジナル・ドライブメカ“VRDS-NEO”「VMK-5」を搭載。ターンテーブルには、回転時の慣性を最小化するために高精度アルミニウムとポリカーボネートによるハイブリッドタイプを採用している。ブリッジ部は、内部損失の高い高剛性BMC(BulkMolding Compound)素材とスチールによるハイブリッド構造により、回転振動を大幅に減衰。スピンドルモーターは回転検出信号を使った高度なサーボコントロールを行うことで、読み取り精度を高めている。また、トレーの開閉からディスククランプまでの動作を独自技術の差動ギア方式で行い、滑らかなディスク・ローディング動作を実現している。

K-07Xは、Grandiosoをはじめとする上位モデルと同一の軸摺動型ピックアップを採用した独自ドライブメカ「VOSP」をを搭載。レンズ移動にレーザーの光軸を垂直方向に維持させることで、高精度な信号読み取りを実現する。メカニズムのハウジング部には8mm厚スチールによる大口径スタビライザーを装着し、メカニズムの剛性を高め、ディスクの高速回転による振動を排除。安定したデータ読み出しを可能としている。

DACデバイスは、旭化成の32bit DAC「AK4490」を搭載し、左右チャンネルごとに差動4回路/8出力のパラレル/ディファレンシャル構成を採用。回路規模は従来モデルの倍で、さらなるリニアリティーと低ノイズ化を達成したとのこと。このDAC部とアナログ出力回路はデュアル・モノ構成をとっており、デジタル信号処理回路から左右対象に配置。優れたチャンネル・セパレーションを狙っている。
新着記事を見る
  • ジャンルSACDプレーヤー/トランスポート
  • ブランドESOTERIC
  • 型番K-05X B
  • 発売日2015年7月31日
  • 価格¥580,000(税抜)
【SPEC】●再生可能ディスク:SACD,CD(CD-R/-RW対応) ●出力端子:アナログ音声出力(XLR/RCA)×各1、光/同軸デジタル音声出力×各1 ●周波数特性:5Hz〜70kHz(-3dB) ●S/N比:117dB ●歪率:0.0007%(1kHz) ●入力端子:光/同軸デジタル×各1、BNC×1、USB ●入力可能周波数(±15ppm):44.1/48/88.2/96/176.4/192kHz、10/22.5792/24.576MHz ●消費電力:15W ●外形寸法:445W×131H×355Dmm(突起部含む) ●質量:約14kg
  • ジャンルSACDプレーヤー/トランスポート
  • ブランドESOTERIC
  • 型番K-07X B
  • 発売日2015年7月31日
  • 価格¥430,000(税抜)
【SPEC】●再生可能ディスク:SACD,CD(CD-R/-RW対応) ●出力端子:アナログ音声出力(XLR/RCA)×各1、光/同軸デジタル音声出力×各1 ●周波数特性:5Hz〜70kHz(-3dB) ●S/N比:117dB ●歪率:0.0007%(1kHz) ●入力端子:光/同軸デジタル×各1、BNC×1、USB ●入力可能周波数(±15ppm):44.1/48/88.2/96/176.4/192kHz、10/22.5792/24.576MHz ●消費電力:27W ●外形寸法:445W×131H×355Dmm(突起部含む) ●質量:約14kg

関連記事