オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
「HANZOMON SUMMER 2015」

音楽専門ラジオ「MUSIC BIRD」、「北欧の音楽」「戦後70年に想う」をテーマにした特別プログラム

編集部:小野佳希
2015年06月15日
音楽専門の衛星デジタルラジオ「MUSIC BIRD(ミュージックバード)」は、クラシック・チャンネル「THE CLASSIC」において、『音楽祭「HANZOMON SUMMER 2015」』と題した特別プログラムをオンエアーする。

7月と8月の日曜日の全9回、16時〜22時の各6時間の放送枠を使って一つのテーマを多角的に掘り下げる特別プログラム。7月は、生誕150年を迎えるジャン・シベリウスとカール・ニールセンにちなみ「北欧の音楽」をテーマにする。

ジャン・シベリウス

そして8月は、第二次世界大戦の終結から70年という節目を迎えることを受けて「戦後70年に想う」と題し、政治やメディアの変化とともに移ろってきたクラシック音楽シーンを総括。戦時下の日本人作曲家の楽曲や、戦後の「クラシック音楽と放送」などをテーマにした番組を放送する。

同社では、今回の特別プログラムについて「東京の都心、皇居の半蔵門を臨むスタジオからお送りする夏の音楽祭を『HANZOMON SUMMER』と名付けた」とコメント。「先端都市東京にあって、江戸の佇まいも残すこの地から、時代の先端を行く表現と、変わらないもの、両方の良さを発信する」としている。

各月の放送予定は下記の通り。

◇7月テーマ「北欧の音楽」◇

◆7月5日 第1回:生誕150年記念 シベリウス/森と湖の国の伝説
◆7月12日 第2回:生誕150年記念 ニールセン/多島海とビールの国から
◆7月19日 第3回:グリーグ/山とフィヨルドを見つめて
◆7月26日 第4回:北欧スタイル/北欧の音楽、言葉、自然


◇8月テーマ「戦後70年に想う」◇

◆8月2日 第1回:20世紀のレクイエム
◆8月9日 第2回:バイロイト音楽祭 戦後の歩み
◆8月16日 第3回:戦時下の日本人作曲家
◆8月23日 第4回:クラシック音楽と放送
◆8月30日 第5回:ずっとクラシックを聴いてきた

関連リンク

関連記事