オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
NORTH STARのUSB-DACも

【ヘッドホン祭】コルグのハイレゾアプリ「iAudioGate」詳細を聞く/ゴールドムンドから200万円の新HPアンプ

編集部:風間雄介
2015年05月16日
フジヤエービック主催のヘッドホン/イヤホン関連イベント「春のヘッドフォン祭 2015」が、5月16・17日の両日、東京・中野サンプラザにて開催されている。本項では15F エトワールルームの模様をお伝えする。

コルグのiPhone向け音楽アプリ「iAudioGate」

コルグがヘッドホン祭の直前に発表し、今回のイベントが初披露の場となった「iAudioGate」。11.2MHz DSDに対応したほか、Apple Watchでの操作が可能なこと、そして「AudioGate」エンジンを投入したことなど、多くの特徴を備えている。

「iAudioGate」

楽曲一覧画面

最近になり、各社からiPhone向けハイレゾ対応アプリの発売・発表が相次いでいる。今夏発売とのことだが、中でも注目のアプリのひとつとなりそうだ。価格は未定だが、「他社さんのアプリとそれほど変わらない値段になる」(同社説明員)という。

iOS8以降の端末で使用できる。使用可能な端末として、ニュースリリースではiPhone 6、iPhone 6+、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5、iPhone 4Sとしていたが、「たとえばDSD再生が2.8MHzになるなど、なんらかの機能制限が入る可能性はあるが、iPod touchでも利用可能」とのことだ。

ワイヤレスで楽曲をWindows/Macから転送する多彩な方法を備えていることも特徴。AirDropのほかiCloud Drive、Dropboxが利用できるとニュースリリースにはあったが、そのほかにGoogle DriveとOneDriveもサポートするという。なお、クラウドストレージから直接ストリーミング再生することはできず、いったん端末にダウンロードしてから再生することになる。

クラウド連携が充実

また、グラフィックイコライザー機能も充実。指で一筆書きのようにイコライジングを調整したりなど、ユーザーインターフェースも工夫している。

グラフィックイコライザー機能が充実

アップサンプリングの精度にも自信を見せ、「これまで培ったオーディオエンジンを利用することで、高品位な再生を実現する」としている。

さらに、Apple Watchからの操作にも対応。ただ単に楽曲の曲送り・戻しやボリューム操作ができるだけでなく、イコライザーのプリセットを選択したりなど、豊富な機能を備えている。

Apple Watchからイコライザープリセットを選択することができる

NORTH STAR DESIGNから11.2MHz対応USB-DAC

ナスペックはNORTH STAR DESIGNのUSB-DAC「Incant」を参考出品した。予価は30万円(税抜)。6月20日前後の発売を見込む。

NORTH STAR DESIGNのUSB-DAC「Incant」(上)

「Incant」の背面端子部(上)

DACチップはESSの「ES9016」。PCMは384kHz/32bitに対応し、DSDもASIOによって11.2MHzに会い対応予定という。

またヘッドホン端子も備え、FETのディスクリート構成を採用しているとのこと。

ゴールドムンドは世界初披露、200万円のヘッドホンアンプ

GOLDMUNDは、世界初披露となる超高級ヘッドホンアンプ「TH2」を出展した。価格は200万円程度になる見込み。

GOLDMUND「TH2」

なおGOLDMUNDは昨年秋、165万円のヘッドホンアンプ「Telos Headphone Amplifier」(関連ニュース)を発表したが、本機はすでに販売を終了。今後はTH2に注力する。

TH2の特徴はDSPを内蔵していることで、本体前面のスイッチで、DSPを効かせないSTDとDSP効果が得られる「BIN」を切り替えられる。実際に体験してみたが、DSPをオンにすると、音が格段に広がることが確認できた。

前面にDSPのオン/オフスイッチなどを装備

そのほかトライオードブースでは、小型真空管プリメインアンプ「Ruby」やCDプレーヤー「Ruby CD」、真空管ヘッドホンアンプ「THV-84HD Mark II」などを出展していた。

トライオードのヘッドホンアンプなども出展していた

フォトレポート

そのほか、エトワールルームに出展していたブースの模様をフォトレポートでお伝えしよう。

フェーズメーションはデュアルモノ構成を採用し、バランスヘッドホン出力を備えた「EPA-007x」をアピール

Linkman AudioはフォノイコライザーアンプやUSB-DACなどのキットを紹介


山陽化成(OJI SPECIAL)は新製品のバランスヘッドホンDCアンプ「BDI-DC24A-R Extream」を紹介。価格は598,000円

MACTONEは国内初となる管球式OTL方式採用のヘッドホンアンプ「HF-1」を出展。価格は198,000円(税抜)


McAudiは新製品の展示はなく、数年来の定番モデルを展示していた

関連記事