オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
Fidelio初のハイレゾ対応ヘッドホンも

【ヘッドホン祭】フィリップス、Lightningヘッドホンなど大量新製品/Deffが小型パワーアンプ試作

編集部:風間雄介
2015年05月16日
フジヤエービック主催のヘッドホン/イヤホン関連イベント「春のヘッドフォン祭 2015」が、5月16・17日の両日、東京・中野サンプラザにて開催されている。本項ではオンキヨー&パイオニア イノベーションズの出展内容をお伝えする。

なお、話題のSE-MASTER1を含むパイオニアブースの出展内容については別項でお伝えする。

フィリップス

フィリップスの製品は、この春からオンキヨー&パイオニア イノベーションズが販売することになった。これを機に、一気に新製品を投入。ブースには新製品が一堂に会した。これらの製品は5月下旬、一斉に発売される。

まず、Lightning端子でiOS端末と直結するヘッドホン「M2L」。M2をベースに、ヘッドホン本体にDACとアンプを内蔵。Lightning直結でデジタル入力した最大48kHz/24bitのハイレゾ音声を、本機でD/A変換して再生できる。

「M2L」

Lightning直結によって左右チャンネル間のクロストークや干渉を最大限抑えられるとアピールしている。

続いて、同じM2シリーズのハウジングをベースに、Bluetooth対応した「M2BT」。Bluetooth ver4.0規格に準拠し、対応プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSP、AAC/aptXなどの高音質コーデックもサポートし、NFCにも対応している。

「M2BT」

そして、Fidelioとして初のハイレゾ対応ヘッドホン「F1」も登場した。口径40mmのネオジウムマグネット採用ドライバーを搭載。再生周波数帯域7Hz〜40kHzのワイドレンジをカバーしている。また本体は108gと軽量で、折りたたみも可能など、ポータビリティーを高めている点も特徴だ。

「F1」

なお、Fidelioの最上位機であるX2も、ハイレゾロゴを取得する予定とのこと。

このほかフィリップスブランドの製品では、これまでA5-PROiのみ国内展開していたプロ用DJヘッドホンのラインナップを拡大。「A3-PRO」「A1-PRO」も展開する。

新DJヘッドホン「A3-PRO」「A1-PRO」も販売開始

さらに、Fidelioではないフィリップスブランドのヘッドホンとして「FX5MBK」「FX3BK」「FS3BK」も販売を始めたほか、DJライクな使い方ができる「SHL3260BK」「SHL3160BK/WT/PK」などの新製品も紹介していた。

フィリップスブランドのヘッドホン「FX5MBK」「FX3BK」「FS3BK」

Deff Sound

Deff Soundのブースでは、これまでの同社の既存ラインナップが体験できることはもちろん、参考出品としてコンパクトなパワーアンプを展示していた。2015年秋に発売予定とのこと。

試作したコンパクトなヘッドホンアンプ

このパワーアンプはClass Dで、出力は30W+30W(8Ω)。BTL接続により、60Wのモノラルパワーアンプとしても使用できる。L/Rをシンメトリカルな回路構成とし、センターには電源回路をレイアウト。背面にはクリーン化したUSB電源出力端子を備えている。

オンキヨー

オンキヨーでは、同社のヘッドホンのほか、プレーヤーとポータブルヘッドホンアンプを1台にまとめた「DAC-HA300」も出展。DAC-HA300はまだ参考出品という位置づけだが、早期の発売を期待したい。

オンキヨー「DAC-HA300」

またオンキヨーは、MQAに対応したオーディオ機器を販売することをすでにアナウンスしているが、このMQA技術を持つMERIDIANもブースを構え、同技術の紹介を行うとともに、MQA対応の小型USB-DAC/アンプ「EXPLORER 2」を紹介していた。

MERIDIAN「EXPLORER 2」

関連記事