オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
今後カラヤンやカラスも配信を検討中

ワーナー、ラトル/ベルリンフィルのハイレゾ音源を2月26日配信予定

ファイル・ウェブ編集部
2014年02月20日
ワーナーミュージック・ジャパンは、「Warner Classics」レーベルの今後のリリース計画等に関するコンベンションを本日開催した。

ワーナーは2013年7月にパーロフォン・レーベル・グループを買収し、傘下に入ったEMIとVirgin CLASSICSを「Warner Classics」に統合。ロンドンとパリにあった拠点も、パリに一本化する。また、同社の抱えるレーベルを下記のとおり統合する。

EMIとVirgin CLASSICSを、「Warner Classics」に統合。ロンドンとパリにあった拠点も、パリに一本化する。

・旧EMIクラシックス、テルデック→ワーナー・クラシック
・旧Virginクラシックス、旧EMIフランスのカタログ作品→エラート

2014年はカラヤン没後25年記念シリーズなどを発売
ラトル/ベルリンフィルのハイレゾ配信もスタート


コンベンションでは多数の新譜が発表されたが、なかでも注目なのは、ラトル/ベルリンフィルのハイレゾ配信、カラヤン没後25年記念シリーズ、マリア・カラスのリマスタリングシリーズだ。


ラトル/ベルリンフィルのハイレゾ配信が2/26スタート

ラトル/ベルリンフィルのハイレゾは、日本では2月26日にe-onkyo musicおよびmoraで配信スタート。昨年9月に発売された「ラフマニノフ:合唱交響曲『鐘』&『交響的舞曲』」など29タイトルが、96kHz/24bitでラインナップされる予定だという。詳細は追って発表される。


カラヤン・プロジェクト

今年没後25年となるヘルベルト・フォン・カラヤンを記念した新シリーズが3月から順次発売される。こちらは全てアビイ・ロード・スタジオによる最新リマスター音源を使用。幻の未発表音源「ベートーヴェン:交響曲第9番」(フィルハーモニア管)のステレオバージョンも収めている点が特徴だ。

3月26日には、国内盤「カラヤン/ザ・ベスト・オブ・マエストロ」(税抜1,200円)が発売。幻の未発表音源「ベートーヴェン:交響曲第9番」の第4楽章、「ヴィヴァルディ:『四季』より第1楽章:春」など13曲が収められている。

また世界盤として、全69CD・全13巻のボックスセットを3月〜6月に発売。こちらは1946〜1984年に旧EMIクラシックス・レーベルで録音した「カラヤンの奇跡」をアビイ・ロード・スタジオでリマスタリングしたもの。前述の、幻の未発表音源「ベートーヴェン:交響曲第9番」のステレオバージョンも勿論収められている。

7月には国内盤CDとして、「シューベルト:交響曲第8番<未完成>」(ベルリンフィル:1976年録音)など全24アルバムを発売。8月にも、国内盤SACD20枚がリリースされる。ラインナップは前述の「第九」や、「ブラームス:ドイツ・レクイエム」(ウィーンフィル:1947年録音)などで、価格は1枚組は3,000円(税抜)/2枚組は4,500円(税抜)。

発表会にはクラシック評論家の満津岡信育氏が登場。「ベートーヴェンは、カラヤンの得意中の得意なレパートリー。ステレオ録音の第九は、これまでずっと発掘されていなかったものだ。アビイ・ロード・スタジオによる最新リマスターも施されている。旧EMIは個々の楽器というよりは全体の音を豊かに録る感じだったが、リマスターで個々の楽器が分離し、収録場所の特性がはっきりと分かるようになった」と語る。また「今回のシリーズはカラヤンの若い頃の40年代、50年代初期モノラル録音など幅広くラインナップされている。カラヤンの芸術を再認識できる機会になるのではないか」と話していた。

クラシック評論家 満津岡信育氏

会場ではステレオ版・第九の試聴も行われた。使用機材はアビイロードスタジオでも使われているB&Wの802 Diamondなど。


カラス・プロジェクト

マリア・カラスの旧EMIクラシックス正規スタジオ音源の全てを、全69枚組CDに収め3回に分けて発売する。発売時期は今年秋から冬にかけて。

こちらの音源は、今回のリリースのためにオリジナルアナログマスターから1年がかりでリマスタリングしたもの。各CDはオリジナルカバーデザインを採用した紙製ケース入りで、レアなドキュメントや未公開写真を収録した200ページにわたるブックレットも付属する。

また全リサイタルアルバム13点すべてと、オペラ全曲の名盤をセレクトしたSACDハイブリッド盤も、日本向け販売用にのみラインナップされる。


カラヤン/カラスもハイレゾ配信予定

なお、カラヤンおよびマリア・カラスのシリーズもハイレゾ配信を計画していることも明らかにされた。いずれも詳細は未定とのことだが、カラヤンは今年7月頃のスタートを検討中。国内盤CD/SACDのように、オリジナルジャケット&オリジナルアルバムの組み合わせというコンセプトのもと製作・配信される予定という。

マリア・カラスも全タイトルをハイレゾ配信予定。一部タイトルについては、先行配信となる可能性もあるという。

関連記事