オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ディスク再生とデータ再生を同等に取り扱ったプレーヤー

マランツ、USB-DAC/SACDプレーヤー「SA-14S1」

ファイル・ウェブ編集部

前のページ 1 2 3 次のページ

2013年09月02日
ディーアンドエムホールディングスは、マランツのUSB-DAC/SACDプレーヤー「SA-14S1」を10月中旬に発売する。価格は252,000円(税込)。

「SA-14S1」

同社の従来の「13」シリーズと「15」シリーズを統合して新たにラインナップされた「14」シリーズのモデルで、同時にプリメインアンプの「PM-14S1」(関連ニュース)も発表された。発表に先立って開催されたプレス向け発表会では、同社のCSBUデザインセンター マランツ音質マネージャー 澤田龍一氏が登壇し、両モデルの概要を紹介した。

(株)ディーアンドエムホールディングス CSBUデザインセンター マランツ音質マネージャー 澤田龍一氏

プレス向け発表会の会場に展示されたSA-14S1。筐体内部まで公開していた

NA-11S1と同等のUSB-DACを搭載

USB-DAC/SACDプレーヤーのSA-14S1は、5.6MHz DSD再生にも対応したUSB-DACを搭載するSACDプレーヤー。従来、USB-DAC機能を搭載したSACDプレーヤーを、マランツでは「SACDプレーヤー」として表記していたが、今回はUSB-DACも併記した。澤田氏は「SA-14S1は“USB-DAC/SACDプレーヤー”と表記した、マランツとして最初のコンポーネントだ」と述べ、設計上、データ再生とディスク再生で優先順位を設けないという意思を表明した。

本機はDSD再生に対応したUSB-DACを搭載。2.8MHzおよび5.6MHzのDSD再生、および最大192kHz/24bitまでのPCM再生に対応する。DSDについてはDoP方式およびASIOドライバー方式によるネイティブ再生に対応。アシンクロナスモードにも対応している。

本機のUSB-DAC部は、USB再生の音質で注目を集めた上位モデル「NA-11S1」のUSB-DAC部と同等のものを搭載している

本機のUSB-DAC部は、上位シリーズのUSB-DAC/ネットワークオーディオプレーヤー「NA-11S1」(関連ニュース)のUSB-DAC部をそのまま搭載したという。NA-11S1と同様、PCからのノイズ流入を排除する「コンプリート・アイソレーション・システム」を搭載。18回路におよぶ高速デジタルアイソレーターと2系統のリレーにより、USB入力とデジタルオーディオ回路間の信号ライン、グラウンドを電気的に絶縁。ノイズの回り込みやグラウンド電位の変動を排除した。なお、NA-11S1ではリレーを1系統搭載していたが、本機では2系統を搭載した。この点で、SA-14S1のUSB-DACは「NA-11S1のUSB-DACに比べても進化している」という。

18回路の高速デジタルアイソレーターと2系統のリレーによる「コンプリート・アイソレーション・システム」を搭載

また、DSPやUSBコントローラーICそれぞれの電源ラインにデカップリングコンデンサーを挿入するなどのノイズ対策を施し、高周波ノイズによる音質劣化も抑えている。

SA-11S3譲りの高精度ドライブメカを搭載

前のページ 1 2 3 次のページ

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルSACDプレーヤー/トランスポート
  • ブランドMARANTZ
  • 型番SA-14S1
  • 発売日2013年10月中旬
  • 価格¥252,000(税込)
【SPEC】●再生周波数特性:SACD 2Hz〜50kHz(-3dB)、CD 2Hz〜20kHz(-3dB) ●S/N比:SACD 109dB、CD 110dB ●ダイナミックレンジ:SACD 109dB、CD 100dB ●高調波歪率:SACD 0.0009%(1kHz)、CD 0.0015%(1kHz) ●入出力端子:音声出力…アナログ×1、同軸デジタル×1、光デジタル×1、ヘッドホン×1/音声入力…同軸デジタル×1、光デジタル×1、USB-A(フロント)×1、USB-B(リア)×1/その他…マランツリモートバス(RC-5)入出力×1 ●消費電力:37W(待機時0.3W) ●外形寸法:440W×123H×419Dmm(最大) ●質量:14.5kg

関連記事