オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
PCMディスク再生にも対応

ティアック、DSDネイティブ再生対応CDプレーヤー「PD-501HR」

ファイル・ウェブ編集部
2012年10月18日
ティアック(株)は、“Reference 501”シリーズの新モデルとして、DSDネイティブ再生に対応するCDプレーヤー「PD-501HR」を11月上旬に発売する。価格は90,300円(税込)。カラーはブラックとシルバー。

PD-501HR(ブラック)

PD-501HR(シルバー)

ピュアモードをONにすることで、2.8/5.6MHz DSD信号のネイティブ再生に対応する。また、最大192kHz/24bitのWAV形式のPCMディスク再生にも対応する。PCM音源再生時のSN比は116dBで、ダイナミックレンジは118dB。歪率は0.0004%となる。

内部回路には様々な高音質技術を投入。アナログ回路とデジタル回路の電源部を分離している。回路全体には6層基板を採用し経路を最短化することで、ノイズの発生を抑制した。DAコンバーターにはCirrus Logic社製CS4398を採用。アナログオーディオ回路のオペアンプには、JRC NJM5532を使用している。

CDドライブには、独自開発の振動抑制機構VACSを搭載し、ドライブの振動を効果的にコントロールすることで信号の読み出しを高精度化した。

本体サイズは290W×81.2H×244DmmのA4サイズで、質量は4.2kg。消費電力は11W。
新着記事を見る
  • ジャンルCDプレーヤー/トランスポート
  • ブランドTEAC
  • 型番PD-501HR
  • 発売日2012年11月上旬
  • 価格¥90,300(税込)
【SPEC】 ●再生対応ディスク:CD-DA/DVD-R/CD-R ●外径寸法:290W×81.2H×244Dmm ●質量:4.2kg

関連記事