オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ダウンロードしたDSD音源も楽しめる

パイオニア、DSDディスク再生も可能なSACDプレーヤー「PD-30」「PD-10」

ファイル・ウェブ編集部
2012年06月07日
パイオニア(株)は、DSDディスクも再生できるSACDプレーヤー「PD-30」「PD-10」を7月中旬より発売する。価格はPD-30が63,000円(税込)、PD-10が37,000円(税込)。

PD-30

PD-10

両製品はSACDやCD、USBメモリに加え、DVD-R/-RWに焼いたDSD音源(拡張子は.dsf)の再生にも対応したのが大きな特徴だ。加えてPD-30はiOS端末のデジタル入力再生も可能で、多彩なコンテンツを楽しむことができる。なお、USBメモリ内の再生可能音源はPD-30がMP3/WMA、AAC、PD-10がMP3/WMA。圧縮音源を補間する「アドバンスドサウンドレトリバー」機能も備えている。

192kHz/32bit DACを搭載し、DSD信号などを高精度に処理できるという。また、ノイズを低減させる低インピーダンス電解コンデンサーなどの部品を採用している

PD-30

PD-30のトレイをオープンにしたところ

PD-30の背面部


PD-10

PD-10のトレイをオープンにしたところ

PD-10の背面部。ケーブルは着脱式のメガネ型に対応
パーツや内部構造にもオーディオ的こだわりを投入。アナログとデジタル回路部をセパレート化しているほか、CDサーボ系とUSBの電源経路を分離することで、電流の変動によるノイズを低減。内部構造の基板やDACの配置を最適化することで、回路間の相互干渉によるノイズの影響も低減したという。また、音声信号を最短経路で伝送する「ダイレクトコンストラクション」を採用し、音の歪みやロスも抑えている。さらに、「低重心センターメカ・レイアウト」により制振性も高めた。

電源トランスにはオーディオ専用巻き線を採用し、安定した電源供給を実現。電源ケーブルは着脱可能で、特にPD-30は極太タイプを採用している。

PD-30の電源ケーブル

こちらはPD-10の電源ケーブル

デザインは発売中のプリメインアンプ「A-30」「A-10」と組み合わせやすいシルバー基調。PD-30はフロントパネルにヘアライン仕上げのアルミを採用し、質感を高めている。

PD-30はフロントパネルにヘアライン仕上げのアルミを採用

こちらはPD-10のフロントパネル

出力端子はRCAアナログ、光デジタル、同軸デジタル。なおSACDやiOS端末の再生時、光/同軸デジタルからの音声出力はできない。

PD-30の付属リモコン。ヘアライン仕上げのシンプルリモコン

こちらはPD-10のリモコン

また、両機を購入したユーザーを対象に、非売品のDSDディスク「Premium Studio Live オリジナルセレクション」をプレゼントするキャンペーンも実施する。期間は2012年7月1日から8月21日まで。応募詳細はこちらのページをご参照いただきたい。


【問い合わせ先】
パイオニア
カスタマーサポートセンター
TEL/0120-944-222

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルSACDプレーヤー/トランスポート
  • ブランドPIONEER
  • 型番PD-10
  • 発売日2012年7月中旬
  • 価格¥37,000(税込)
【SPEC】●再生可能ディスク:音楽CD/SACD/CD-R,-RW/DVD-R,RW ●フロントUSB:USBメモリ(MP3/WMA) ●周波数特性:2Hz〜20kHz ●SN比:117dB ●出力端子:アナログRCA、光デジタル、同軸デジタル(RCA) ●消費電力:38W ●外形寸法:435W×128H×329Dmm ●質量:5.2kg
  • ジャンルSACDプレーヤー/トランスポート
  • ブランドPIONEER
  • 型番PD-30
  • 発売日2012年7月中旬
  • 価格¥63,000(税込)
【SPEC】●再生可能ディスク:音楽CD/SACD/CD-R,-RW/DVD-R,RW ●フロントUSB:USBメモリ(MP3/AAC/WMA) ●周波数特性:2Hz〜20kHz ●SN比:117dB ●出力端子:アナログRCA(金メッキ)、光デジタル、同軸デジタル(RCA 金メッキ)、SR IN/OUT ●消費電力:38W ●外形寸法:435W×128H×329Dmm ●質量:5.6kg

関連記事