オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
独自のCIモードアンプとしても使える

アクシス、B.M.C. AUDIOのプリメイン/パワーアンプ「CS2」− 独自回路技術「LEF」採用

  • Twitter
  • FaceBook
ファイル・ウェブ編集部
2012年08月28日
アクシス(株)は、同社が取り扱うB.M.C. AUDIOのプリメインアンプ「CS2」を9月に発売する。価格は714,000円(税込)。

CS2

出力は200W×2(8Ω)/360W×2(4Ω)。本体内部には、電圧増幅ドライバー段と駆動電流段を分離した独自の回路技術「Load-Effect Free(LEF)」を採用。フィードバックレスのシンプルなパワーステージに、ソースをダイレクトに送り込み、アンプゲインをDIGM(インテリジェント・ゲイン・マネージメント)でコントロールしてボリューム調整する独自設計としている。DIGMゲイン調整は66dBの広範囲に亘って1dBステップで行える。

これにより、通常のプリメインアンプとしての動作のほか、DIGMゲイン(ボリューム)を通常のパワーアンプと同等レベルにゲインセットすることでパワーアンプとして使用することもできる。

本体には、RCAシングルエンド端子を3系統、XLRバランス端子を2系統備えている。XLR端子は電圧入力対応のほかに、BMC独自のCI(電流駆動)にも対応しており、電流出力を持つBMC製の対応機器(MCCI、BDCD1.1、DAC1)とダイレクト接続すれば、本機を電流アンプとして使用することもできる。

周波数レスポンスは20Hz〜20kHz,1W:-0.08dBで、周波数帯域幅は1W/-3dB:2Hz〜180kHz。SN比は、DIGM レベル57/対最大パワー時で110dB。入力インピーダンスは、バランスが100kΩで、シングルエンドが50kΩ、XLR-CIモードが3KΩとなる。

本体寸法は435W×150H×450Dmm(突起部含む)で、質量は40kg。スピーカー端子は金メッキバインディングポストを備えている。そのほか、入力切替やボリューム調整などのコントロールが行えるアルミボディーのリモコン「RC-1」も付属する。


【問い合わせ先】
アクシス
TEL/03-5410-0071
新着記事を見る
  • ジャンルプリメインアンプ
  • ブランドB.M.C. AUDIO
  • 型番CS2
  • 発売日2012年9月
  • 価格¥714,000(税込)
【SPEC】 ●出力:200W×2(8Ω)/360W×2(4Ω) ●周波数レスポンス:20Hz〜20kHz,1W:-0.08dB ●周波数帯域幅:1W/-3dB:2Hz〜180kHz ●SN比:110dB(DIGM レベル57/対最大パワー時)。入力インピーダンス:バランス→100kΩ、シングルエンド→50kΩ、XLR-CIモード→3KΩ ●入力端子:RCAシングルエンド×3、XLRバランス×2 ●出力端子:スピーカーL/R ●外形寸法:435W×150H×450Dmm(突起部含む) ●質量:40kg

関連記事