オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
デビュー45周年記念アルバム

本日発売の森山良子『すべてが歌になっていった』はアナログ盤もリリース

季刊analog編集部
2011年09月07日
歌手生活45周年を迎えた森山良子が自作の新曲、洋楽、邦楽のカバーを問わず、歌いたい、伝えたいと強く思う歌をレコーディングした入魂の作品集『すべてが歌になっていった』が本日9月7日に発売された。

森山良子『すべてが歌になっていった』アナログ盤(30cmLP)

CDののみならずアナログ盤(30cmLP)が 同時発売されているところに注目したい。

プロデュースは鈴木慶一&森山良子。レコーディング・エンジニアは赤川新一、アナログ盤のカッティング・エンジニアは東洋化成の手塚和巳、そしてアナログ盤のスペシャル・ミックスエンジニアとして曽我部恵一を迎えている。

■アーティスト:森山良子
■タイトル:『すべてが歌になっていった』
■CD:MUJD-1002 ¥3,000
■アナログLP:MUJD-1002 ¥3,000
■発売元:CD、LPともに(株)ドリーミュージック

関連リンク

関連記事