オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
アナログ「Paris T」と共通デザイン

ユキム、オラクルのフォノイコアンプ「Paris PH200」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年08月05日
(株)ユキムは、オラクルのフォノイコライザーアンプ「Paris PH200」を9月に発売する。価格は税込21万円。


Paris PH200
本機には先行発表されたオラクルのアナログ・ターンテーブル「Paris T」(関連ニュース)と共通のデザインが採用されている。

外部電源供給はPlitonトロイダルトランスを中心に構成。フォノステージ回路の前段で不要な電気系ノイズを除去するため、最新の配慮が施されている。電圧の補正は、柔らかさとスピードを特徴とするプラスティック整流器により行われる。合計4個を備えるキャパシターにより、瞬間電力供給は27,200MFDを実現した。内蔵回路にはゲインステージとRIAAイコライゼーションのため、アナログ・デバイセズ製オペアンプ「AD797NAZ」を4基搭載。不要な振動をメカニカルに吸収する回路構成としている。

高密度ウッドファイバー素材のシャーシを、ターンテーブルとのデザインマッチングを図りながらスタイリッシュに成形。メカニカルフィルターとしての素材の効果も併せ持つという。リアパネルにはアナログRCA入出力を1系統ずつ備える。MM(48kΩ負荷/48dB)/HO(25kΩ負荷/48dB)/LO(470Ω負荷・1000pfキャパシタンス/60dB)の3種負荷設定値が選択可能。その他、2つのゲインオプションを切り替えて使うことができる。

【問い合わせ先】
(株)ユキム
TEL/03-5743-6202

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルフォノイコライザー
  • ブランドORACLE
  • 型番Paris PH200
  • 発売日2011年9月
  • 価格¥210,000(税込)

関連記事