オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ACシンクロナスモーターによるベルトドライブ方式

ラックスマン、28年ぶりとなるアナログディスクプレーヤー「PD-171」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年03月14日
ラックスマン(株)は、アナログディスクプレーヤー「PD-171」を4月より発売する。価格は41万4,740円(税込)。

PD-171




「PD-171」は、1983年に発売した「PD-350」以来28年ぶりとなるアナログプレーヤーだ。ベルトドライブ式で、ACシンクロナスモーター駆動。モーター電源にはクオーツクロック発振アンプを採用、32bitマイコンによるクロック制御ジェネレーター回路を内蔵している。

ターンテーブルはアルミ削り出しで、質量5kg。回転数は33 1/3rpmと45rpmに対応している。スピンドルはベアリングボール仕様の大口径テフロン軸受けを採用しており、安定した回転をサポートするという。

15mm厚のアルミ削り出し板をメインシャーシとした主要部品のアンダースラング(吊り下げ)制振構造を採用。筐体は木と金属によるハイブリッドで、制振効果向上を図っている。また電源トランスとACモーターもフローティングマウントされている。

トーンアームは、ユニバーサル型のスタティックバランス・トーンアームを付属。軸受けはワンポイント・クロスサスペンションを採用している。適合カートリッジ自重は4〜12g。カートリッジ出力は、DIN→RCA端子タイプのOFCフォノケーブルを付属する。また、LUXMANロゴ入りのマグネシウム合金製ヘッドシェルも付属する。

【問い合わせ先】
ラックスマン(株)
TEL/045-470-6991
新着記事を見る
  • ジャンルADプレーヤー
  • ブランドLUXMAN
  • 型番PD-171
  • 発売日2011年4月
  • 価格¥414,740(税込)
【SPEC】<ターンテーブル>●駆動方式:ベルトドライブ ●モーター:リアクション・ACシンクロナスモーター、モーター電源:クオーツロック発振アンプ ●ターンテーブル:アルミ材削り出し、表面仕上げ:ダイヤモンドカット、重量:5.0kg ●回転数:33 1/3rpm、45rpm 切替式、回転数調整:±4% ●ワウフラッター:0.04%以下 (W.R.M.S.)
<トーンアーム>●形式:スタティックバランス、S字型 ●軸受け:ワンポイント・クロスサスペンション ●有効長、オーバーハング:229mm、15mm、トラッキングエラー:+1.9°〜-1.1° ●適合カートリッジ自重:4〜12g ※ 別売りヘビーウェイト(9,000円(税別))あり
<本体>●付属装置:[トップパネル部] 電源スイッチ、モーターON/OFF スイッチ、回転数切替スイッチ、回転数確認窓、回転数調整ボリューム(33 1/3rpm、45rpm)、スタイラスライト接続端子 [リアパネル部] AC インレット [ボトム部] インシュレーター、カートリッジ出力端子(DIN タイプ) ●消費電力:38W(電気用品安全法) ●外形寸法:465W×195H×390Dmm(高さはダストカバー閉時) ●質量:23.0kg

関連記事