オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
音響に関する工学技術の進歩発展への貢献を評価

日東紡音響のルームチューニング材「AGS」が日本音響学会「技術開発賞」を受賞

ファイル・ウェブ編集部
2011年05月20日
日東紡音響エンジニアリングのルームチューニング機構「Acoustic Grove System(AGS)」が、(社)日本音響学会が創設した「技術開発賞」を受賞した。

AGS「SYLVAN」

AGS「ANKH」

同賞は、音響技術の振興を目的として平成5年に創設された賞。日本音響学会に所属する会員のうち、音響に関する工学技術の進歩発展に特に貢献したグループや個人に贈呈される。

日東紡音響エンジニアリングは、NHKなどとともに第19回(平成23年度)の同賞を受賞。同社では「今後ともAGSが世に認知され、さらなる発展を期待したい」とコメントしている。

関連記事