オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
今夏発売、価格は約115万円

マッキントッシュ、USB入力も備えたSACD/CDプレーヤー最上位機「MCD1100」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年04月15日
(株)マッキントッシュ・ジャパンは、SACD/CDプレーヤー「MCD1100」を今夏発売する。価格は1,155,000円(税込)。

「MCD1100」

背面端子部

トランスポート/DACをセパレートにしたCDプレーヤー「MCD1000」「MDA1000」を一体化させた、SACD/CDプレーヤーの新たなフラグシップモデル。SACDは2チャンネル再生のみに対応している。

DACには、ハイパーストリーム技術を搭載したESS社の「SABRE32」を搭載。1チップで8チャンネルのDAコンバートが行えるこのチップを使って、左右チャンネルにそれぞれ4チャンネル分の回路を割当て、クアッド・バランス回路構成としている。

また本機は、USB入力端子や同軸/光/XLR/BNCなど多彩なデジタル入力端子も備え、単体DACとしても使用可能。対応するサンプリングレートや量子化ビット数は、現在開発の途中なので未定とのことだが、「USBについては192kHz/32ビット対応を目標としている」という。

さらに本機はデジタル出力端子も豊富で、同軸/光/XLR/BNCの各端子を装備している。ただしUSB-DDCとして使用できるかは、現段階では決まっていないとのことだ。

CDメカはアルミダイキャストで、VRV(Variable Rate Volume)アッテネーターも装備。ヘッドホン端子は低インピーダンスとなっているという。

フロントフェイスはブラックのガラスフロントパネルで、同ブランドの伝統的なデザインを継承している。

【問い合わせ先】
マッキントッシュ・ジャパン
TEL/044-670-6630
新着記事を見る
  • ジャンルSACDプレーヤー/トランスポート
  • ブランドMCINTOSH
  • 型番MCD1100
  • 発売日2011年夏
  • 価格¥1,155,000(税込)
【SPEC】●対応フォーマット:SACD、CD、CD-R、CD-RW、MP3、WMA ●再生周波数帯域:SACD4~40kHz(-2dB、+0.5dB)、CD4Hz~20kHz(±0.5dB) ●S/N比:110dB ●ダイナミックレンジ:100dB ●全高調波歪率:0.0015%(スーパーオーディオCD、CDとも) ●デジタル出力端子:同軸1、光1、XLR 1、BNC 1、アナログ固定RCA 1、アナログ固定XLR 1、アナログ可変RCA 1、アナログ可変XLR 1 ●デジタル入力端子:同軸1、光1、XLR 1、BNC 1、USB 1●消費電力:35W ●最大外形寸法:445W×152H×403Dmm(突起物含む) ●質量:12.8kg

関連記事